検索
 

2017年02月18日

清水富美加出家や金正男暗殺は最高のタイミングで行われた





 この1週間は大事件が立て続けに起きた。女優の清水富美加が幸福の科学に出家するために引退をするということ、そして北朝鮮の金正恩の兄である金正男がマレーシアで暗殺されたこと。どちらも大いに世間で盛り上がった内容であった。相当のことが連続したわけだがその起きたタイミングはまさに神ってるというほかがない。なぜならばそれで日本は救われることになるのだ。

 実はこの時期いちょうど安倍首相をねらったスキャンダルが出ていた。安倍首相の昭恵夫人が名誉校長を務める瑞穂の國記念小學院の開校用地を不正に安い金額で取得したといちゃもんをつけてきたのである。もちろんこれは何の問題もない。しかし安倍政権打倒のチャンスとみたパヨクどもは積極的にスキャンダルに仕立て上げようと攻撃を仕掛けてきていた。しかし立て続けに起きた大事件でパヨクのたくらみは水の泡と化したのである。

 とはいえこのままパヨクが引き下がるとは思えない。だからこそ第2第3の大ニュースで意図的に事件に触れさせないことが重要だろう。だから日本国内で大災害が起きてほしい。そうすれば誰もこの話題をしなくなるだろう。とにかく大きな事件で国民の眼を違う方向に向けさせるのだ。そうすれば安倍政権はますます強固になり、日本は救われるのである。

 安倍首相こそ日本の混乱を防ぎ、日本を守るために必要な偉大な政治家である。だからこそある程度は大事件が続いて混乱を起こしてマスコミの注目をそらしてほしい。混乱を防ぐために混乱を起こすというのは矛盾しているようだが、深く考えればちゃんと理に適っているのである。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
清水のは芸能界のコップの中の嵐ですし、金正男殺害もほぼ対岸の火事です。
いよいよ本命の安倍の名前が出てくる土地取得事件に本腰を入れて不正を暴きましょう
Posted by MRX at 2017年02月18日 08:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック