検索
 

2017年03月11日

日本と韓国では似て非なるものである





 友人に国政を介入させたとして韓国の憲法裁判所が朴槿恵大統領を罷免する決定を言い渡した。これで朴は失職し、史上初の罷免された大統領というレッテルを張られ親子そろって大統領職を満了できないことになった。そもそも韓国では大統領がひどい目に合うというのが日常茶飯事であり、驚くことではない。まさに韓国の民度の低さの賜物と言ってもいいだろう。

 さてこの件でパヨクは奇妙なことを言っている。それは森友学園の小学校新設において学園の籠池理事長がやっていることが朴槿恵と一緒であるというのだ。それは全くのデタラメである。籠池理事長のケースは安倍昭恵首相夫人とはつながりはあったが、安倍首相とは面識がなく政治的な圧力をかけることができなかった。そもそも学校を建てるという公益な事項である。一方韓国のケースは完全に私利私欲であり、そもそも比べること自体がおこがましいことだ。

 森友学園が目指していた小学校建設はいったん認可申請を取り下げることとなった。籠池理事長は口利きの事実を否定し、マスゴミの攻撃がひどかったと話した。むしろ安倍政権はマスコミの暴力を何とかするために籠池理事長の意見を聞くべきだと思う。ここで面識を持てば小学校建設もスムーズにいくはずだ。

 籠池理事長は教育勅語のすばらしさを子供に教えたいと思っている素晴らしい教育者である。一方韓国はl教育勅語の逆こそ正義という国である。籠池理事長と朴槿恵は水と油のような存在。したがってパヨクはほれぼれするほど間違っているのだ。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
祝!!!森友学園小学校開校せず!!!籠池退任!!!
気持ち悪い懐古趣味の北朝鮮のような学校が開校されませんでした!その方が世のため人のためです。当面の危機は去りました。次は加計学園の件を掘り進めましょう
Posted by MRX at 2017年03月11日 08:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447786968

この記事へのトラックバック