検索
 

2017年03月17日

証人喚問で正しいことを言うべきだ





 森友学園の籠池理事長の証人喚問が実現することになった。それは籠池があることないこと適当なことを言っているからである。なんと籠池は野党議員に首相から昭恵夫人を通じて100万円を受け取ったといったという。これは大変失礼な話である。だから自民党も総理への侮辱と一気に証人喚問に持ってったのだ。籠池には偽証罪が適用される証人喚問で痛めつけるしかない。

 もちろん籠池が「安倍首相は悪くない」「稲田防衛相も悪くない」「政治と関わるきっかけは民進党の議員だった」といえば問題はない。真に愛国的で正しい発言だからだ。今までの妄言も一時の気の迷いということで済ませられる。しかし少しでも野党に利する発言をしたら偽証罪でひっくくるべきであろう。偽証以上に安倍首相への侮辱こそが犯罪的だからだ。

 そういう意味で証人喚問が行われる3月23日は正念場である。籠池が真の愛国者か反日左翼のスパイであるかが判明するからだ。籠池理事長には安倍政権を守るためにも政治的に正しい会見を行ってほしい。もしも安倍首相を陥れようとするならば国家権力によってひどい目にあうことを警告しておこう。籠池の役目は野党へのブーメランを投げることなのだから。
ラベル:森友学園
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック