検索
 

2017年03月20日

日米友好のために準決勝は勝ちを譲れ





 第4回WBCで準決勝に進出した侍ジャパン。相手はアメリカに決まった。前回優勝のドミニカ共和国を倒した野球王国である。侍ジャパンにとっては優勝奪還を目指すわけだが、ここは日米友好のためアメリカに優勝を譲ってほしい。

 現在の世界情勢は混とんとしている。トランプ大統領誕生から、ヨーロッパでの不協和音が聞こえており、シリア内戦も泥沼のままだ。そこに金正男暗殺事件が勃発し、世界中が戦争の火種になっている。そんな経緯もあるからこそ日本はアメリカに勝ちを譲るべきなのである。ここで日本が勝ったらアメリカそしてトランプ大統領は怒り日米同盟の危機になるだろう。

 日米同盟が由来だら日本は大変だ。一気に敵国が日本侵略を起こしてくるだろう。WBCの勝利が相手にスキを与えてしまうのである。日本はすでに第1回第2回と優勝をしている。そして4大会連続でベスト4になったのは日本だけなのだ。ここで負けたところで日本が弱いとはならないのである。

 スポーツは政治に従属する存在でなければならない。日本を守るためならば八百長と言えども許されるのである。だから侍ジャパンは正々堂々とアメリカに負けて胸を張って帰ってきてもらいたいのである。その意義が国民に伝わればみんな笑顔で出迎えてくれるだろう。
ラベル:WBC アメリカ
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック