検索
 

2017年04月23日

北朝鮮は条件付きで戦争を起こしてもいい





 朝鮮半島情勢がにわかに緊迫化してきた。25日に北朝鮮が核実験をやるのではないかというのだ。それに合わせてアメリカの空母を日本海に向かわせるなどいつでも戦争が起きてもいいように準備が着々と進んでいる。それにあわせて北朝鮮はいつものハッタリをかましてきた。「われわれの首脳部を狙う敵対勢力は、南朝鮮(韓国)が灰となり日本列島が沈没し、米本土に核が降り注いだとしても後悔してはならない」と。

 しかし北朝鮮が仮に核を使用したところで日本列島が沈没することは地質学的にあり得ない。小松左京の小説の読みすぎなのかもしれないが、現実を全く見ていないトンデモ妄言をしているようでは北朝鮮は勝てる戦争も勝てないだろう。しかし北朝鮮には頑張ってほしい。

 こう書くとお前は北朝鮮の回し者かと思われるかもしれない。しかしそれはもちろん違う。そもそも北朝鮮が日本に攻め込むことはありえない。せいぜい日本領海にミサイルをぶっ放すことしかできないだろう。日本領土にくるミサイルは全て防御することができるからだ。だが韓国はそうはいかない。

 アメリカの有力シンクタンク・ランド研究所のブルース・ベネット上級国防アナリストによると、北朝鮮にはソウルを攻撃できる迫撃砲が3000門もありその10%を使っただけでも韓国人が何千人も死ぬという。だから北朝鮮には頑張ってほしいのだ。日本にきて銀行強盗を起こす国民は正義の鉄槌が必要だ。北朝鮮は正義ではないが、代理として鉄槌を加えてくれるのだから歓迎をしないといけない。それが北朝鮮に頑張ってほしい最大の理由だ。

 そろそろ東アジアには戦争が必要だ。戦争で相対的に一番を得をするのが日本である。戦争で経済も息を吹き返し、安倍政権も盤石となる。むしろ日本のために戦争を各国は積極的に起こしてもらうべきなのだ。
タグ:北朝鮮
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
戦争によって領土も拡大できますからね。
Posted by 通りすがり at 2017年04月23日 01:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449246339

この記事へのトラックバック