検索
 

2017年04月27日

二階も今村の責任を撮れ





 「東日本大震災が東北で起きて良かった」という暴言を吐いて更迭された今村雅弘前復興相。後任の復興相からも「東北の被災地にとっては許すことのできない発言だ」と批判される始末である。それだけの暴言をしておきながら自分は全く萬台だと思っていなかったのだから呆れてしまう。まさにバカの中のバカであろう。いくら野党のスパイだったとはいえ、こんなのを囲い込んだ自民党にも間違いなく非はあると言わざるを得ない。

 自民党は責任を取るべきだ。すでに安倍首相も自らの責任を認めている。とはいえ安倍首相が辞めるのは本末転倒だろう。それよりももっと責任を取って議員辞職する人物がいる。そう、今村が所属していた二階派のドン・二階俊博だ。二階派の議員が立て続けに問題を起こしているのだ。







 したがって二階が一番悪いとわかるのだ。そもそも二階は親中派というとんでもない思想の持ち主だ。安倍首相は二階の実力を見込んで幹事長にしたが、今村のようなろくでもない議員を作り上げた以上もう甘やかす必要はない。二階を粛清して弛緩した自民党を立て直すしかない。

 二階は自民党に不要な人間だ。親中派はすべて野党においてこそ日本国民にとってわかりやすく国益につながる。そしてそれこそが震災復興につながる。被災地では中国人が乱暴狼藉をしていた。だから被災者は中国を嫌っている。中国を嫌ってこそ真の復興につながるのだ。
タグ:自民党
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
責任て写るのか?大草
Posted by へぃとふる破鶏夫 at 2017年04月27日 09:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449364425

この記事へのトラックバック