検索
 

2017年05月04日

今の憲法はゴミとしてゴミ箱に捨てよう。





 昨日5月3日は憲法記念日である。今の日本国憲法が施行されたからだ。同時に5月3日はゴミの日でもある。由来は53がゴミと読めるからという語呂合わせなのだが、実態は憲法に合わせてゴミになったかのようである。だからこの際憲法をゴミにして捨てようではないか。

 安倍首相はかつて憲法について「みっともない、いじましい」「北朝鮮の拉致も憲法のせいで防げなかった」と語ったことがあるがまさにその通りだろうと思う。憲法は日本国民のためにあるものだ。しかし実際には日本人の敵対することの利益になってしまっている。だからそんな欠陥憲法はゴミ呼ばわりするのが当然の礼儀だろう。

 ゴミの日は憲法ができたから作られたという認識を国民の間で共有しなくてはいけない。今の日本国憲法はゴミなのだ。大日本帝国憲法の方がよほど完成されている。こんな恥ずかしい憲法は早く産業は危機物として日本人が誇れるような新たな憲法が求められるのだ。
ラベル:憲法
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ナンチャッテ日本人のセンセは日本語が不自由w
Posted by 産業は危機物 at 2017年05月05日 11:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック