検索
 

2017年05月28日

読売新聞は愛国新聞なのでリークされて記事を書くことはない





 事務次官を首にされた腹いせにあることないことしゃべって安倍政権を崩壊させようとする反日テロリストの前川喜平。そんな前川の本性を暴いたのが読売新聞だった。読売は前川の性癖を暴露していかに前川が信用できないかを世間に暴いたのだ。

 しかしそんな読売に対してパヨクは「全く関係のない記事で前川を陥れようとしている。これは官邸のリークだ。」と怒っているのである。何をバカなことを言うのか?それは読売新聞に対して大変失礼である。なぜ読売新聞がリークを受けていないと断言て着るのか?それは読売新聞は愛国新聞だからだ。

 愛国新聞と言っても安倍政権にべったりしているという意味ではない。日本をよくするためにしっかりと提言をしているということだ。そんな読売新聞に多くの協力者が集まり、貴重な情報が流れるのは当然ではないか?なぜこの時期に?という声もあるようだが、前川自身が前に出てきたからに決まってるだろう。前川がそのまま消えていれば読売だってあえて記事にすることはなかったはずである。

 とにかく読売新聞は日本のための新聞になっている。なので読売新聞も応援しよう。朝日新聞や毎日新聞は文章のテロを現在進行形で行っている。そのような反日新聞に負けないためにも読売新聞はもっともっと頑張ってもらわなければならないのだ。そしてそれが安倍政権を助けることになるのだ。
ラベル:読売新聞
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック