検索
 

2017年06月03日

若年層の自殺を恐れる必要はない





 日本の人口当たりの自殺率は世界で6番目だそうだ。そして15歳から39歳までの死因は自殺が1位となっているという。しかしこのことを恐れる必要はない。理由は2つある。1つ目は自殺が1位ということは病死や事故死はその分少ないということ。そして2つ目は自殺は愛国心の発露であり、むしろ喜ばしいことであるということだ。だから自殺は素晴らしいことなのである。

 なぜ自殺をするのか?いろいろな理由はあるが、共通しているのはこの世に生きている理由がない。死んだ方がマシということだろう。それはつまり生きることで社会に迷惑をかけていることを自覚していることに他ならないということだ。だから社会に迷惑をかけたくないと思い自殺をする。これこそ愛国心の発露というほかないのである。

 したがって自殺は何ら悪いことではない。むしろ問題とするべきは6位と下位になってしまったことだろう。日本は素晴らしい国なのだから自殺大国を目指さなければいけない。そのためにも自殺率世界一キャンペーンを行い、自殺の誤ったイメージをなくすことが重要だ。
ラベル:自 殺
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
売国先生!何をやっているのしょうか!?愛国心の発露が未だに無いということは、先生は愛国心のかけらもない売国奴認定されてしまいますよ!
急いで今すぐ愛国心の発露をお願いします。皆切望しております。ぜひお手本を!
Posted by MRX at 2017年06月04日 09:28
じゃあ韓国も今自殺率高いから愛国心がつよいんだろうなぁ。
Posted by 通りすがり at 2017年06月06日 22:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック