検索
 

2017年06月10日

イギリス総選挙についての所感





 国民投票でEU離脱を決定したイギリスで総選挙が行われて、与党・保守党は第1党になったが過半数を割り込んでしまった。別にEU離脱をしようがしまいが日本にはそんなに関係ないだろうし、ましてや私個人にはもっと関係ないのでよくわからないところがあるのだが、これでメイ首相が辞任なんてことがあれば日本にもメリットはあるのではないだろうかと思う。

 もしも保守党が大勝したらメイ首相は当然続投だろう。それはいいがそうなるとメイ首相の権力が強くなる。ひいてはイギリスが存在感を見せることになるのだ。そうすると安倍首相には都合が悪い。安倍首相こそ世界に名だたるリーダーなのに、存在感がかすんでしまうからだ。メイ首相の就任直後はEU離脱の件で注目が集まるのは当然だから全然問題がなかったが、常時強いトップが出てしまっては安倍首相の世界での存在感がかすんでしまう。

 トランプ大統領は弾劾で身の上が危ないし、フランスのマクロン大統領もまだまだなり立てである。ロシアのプーチンとは安倍首相は完全に互角以上に渡り合ったし、中国の習近平では話にならない。日本の安倍首相がトップだったのだ。イギリスがもしかしたら安倍首相の座を脅かすかと思ったが、その心配は亡くなった。そういう意味でメリットは日本にあったのである。

 どうせイギリスはもうヨーロッパの国の1つというイメージしかない。イギリスの没落を利用して日本は再び世界帝国にのし上がるのだ。そしてそれを成し遂げられるのは安倍首相しかいない!
タグ:イギリス
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
安倍が世界のリーダー?この世の終わりじゃん。もしそうなら世界の政治家も激しく劣化している。まぁ、各国の大統領首相はそんな愚かではないと思うが。
世界のリーダー自認したいなら、リーダーに相応しい振る舞いをしてくれよ。不正を告発した官僚を取り巻きメディアに人格攻撃させるとか、みっともないことしてないでさぁ。
Posted by 安倍信者を斬る at 2017年06月10日 21:14
安部首相を冒涜するものは、早く共謀罪を適用して、排除すべきである。
我々は幸せな国に生まれ、世界でNO.1の首相が主導する素晴らしい、美しい日本に住めることを毎日毎日感謝すべきである。
そのことが分からない、理解できないものは、非国民である。
某国のように、各家庭に天皇の写真と安部首相の写真を掲揚し、毎日、参拝することを強く国民に求める。
今、日本国において、唯一の心配事は、安部首相にご子息が、いないことである。いずれ、日本のリーダーとなるべき人がいないことを意味する。この事態を日本国民は真剣に考えるべきであると、切に思う。
Posted by AIKOKUSHA at 2017年06月12日 15:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450708495

この記事へのトラックバック