検索
 

2017年06月19日

須藤凛々花についての雑感





 毎年恒例のAKB48選抜総選挙が行われたが、今回は間違いなく歴史上に残るであろう大衝撃となった。20位に入ったNMB48の須藤凛々花が結婚を発表したからだ。恋愛禁止を掲げるAKBにおいてはもはやタブーの中のタブー。一気に知名度を上げることとなった。その裏には文春砲があったという。しかしそれを差し引いたとしてもこの衝撃。私もこのモヤモヤ感に昨日は記事を書くことができなかったほどだ。

 とりあえず私が思ったことをつらつらと書いておこうと思う。まずなぜいきなりの結婚発表かということだ。そもそもいくら文春砲を受けたところで結婚発表をする必要は全くない。恋愛を認めただけで問題はなかったはずだ。せいぜい髪を切って丸坊主にすれば良かっただけだろう。しかしこの発言で命まで狙われることになってしまった。リンチの可能性も十分あり得るだろう。普通に考えれば自爆も自爆。イスラム国も真っ青である。

 おそらく須藤は妊娠してしまったのではないだろうか?そう考えればわざわざ結婚を発表をしたこともつじつまが合う。今の日本ではシングルマザーはリスクである。そうなれば結婚をしておいた方がいいと考えるのは実に自然なこと。これは近日中に明らかになるだろうが、かなり可能性は高いと私はみている。

 そしてこの結婚の発表についてだが、私は別にいいと思っている。それは少子化対策に貢献するからだ。妊娠しているかは定かではないが早いうちに結婚をすれば子供もたくさん作りやすくなる。須藤はまだ20歳だ。たくさん子供を作ることが罪滅ぼしになると思う。

 須藤は31779票を獲得し総選挙20位。1000万円以上の金が須藤のために注ぎ込まれた計算となる。だから金をつぎ込んだファンは怒りに震えているわけだが、そもそもそんなに金をつぎ込んだところで須藤を自分のものにできたというのだろうか?そう考えれば逆恨みといわれても仕方がないと思うのだ。

 若い女性の魅力は顔もそうだが、体だろう。私は会いに行けるアイドルよりも脱いでくれるアイドルの方がよっぽど神聖だと思う。更に言わせてもらえればヤラせてくれるアイドルこそ至高の存在である。そう考えればヤラせてくれる女性こそ真のアイドルだし、そっちに金を注ぎ込むのが健全であるといえるだろう。
タグ:AKB48
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全てに於いて不健全なのがセンセです。
Posted by へぃとふる破鶏夫 at 2017年06月20日 12:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450991913

この記事へのトラックバック