検索
 

2017年07月17日

安倍首相に比べて自民党が小粒になりすぎる





 安倍政権の支持率下落の要因となっている加計学園の獣医学部新設問題について、安倍首相が閉会中審査に自ら出席を決断した。安倍首相の国民に対してちゃんと話して説明責任を取りたいという安倍首相の偉大さのなせる業だが、その裏で自民党があまりにも情けなく見えてしまったのも事実である。

 安倍首相は日本の歴史上に残る偉大な人物だ。しかし自民党はそれ故に安倍首相に頼りきりとなってしまったのではないか?昔の自民党はもっと強大な組織だったはずだ。しかし今や安倍首相がいなければ独り立ちできない軟な組織に成り下がってしまったのではないか?安倍首相が偉大すぎるのが理由だから安倍首相にも非はあるのかもしれない。しかしだからといって安倍首相に全ての責任を押し付けるのはもっと間違っている。

 自民党は永遠に続くかもしれないが、安倍首相は永遠に生き続けるわけではない。生き続けてほしいがそれは不可能なことだ。だから自民党に安倍首相に甘えずに政党としての亭をなしてほしいと考えるのだ。

 最後に日本有数の文豪である百田尚樹氏のあり難いお言葉を掲載したい。これは決して妄想にしなくてはいいけないことなのだ。


タグ:自民党
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451860211

この記事へのトラックバック