検索
 

2017年07月23日

自衛隊の大臣へのクーデターを許すな





 自衛隊による不祥事のトバッチリを受けている稲田朋美防衛相。その一連の報道を見ると自衛隊によるクーデターと評されている有様である。これは文民統制を揺るがせるものであり、憲法違反以外の何物でもない。

 そもそも日本には政府内に野党や敵国のスパイがたくさんいる状況だ。それらは日教組らが暗躍して勢力を伸ばしている。これは日本にとっては大変危険な状況である。一刻も早く邪魔者は排除しないといけない。だが簡単にできるものではないからこうして敵は大手を振って反日活動をしているのだ。そんなときに自衛隊がクーデターを起こしたら反日勢力が喜ぶだけである。そうすれば安倍政権が崩壊して日本も崩壊してしまう。

 クーデターは犯罪行為である。特に安倍政権を倒すためのクーデターは悪の暴力である。真の自衛官ならば安倍政権を支えるために行動をするべきである。自衛隊は国の守護者であるべきだが、同時に愛国者の守護者であるべきなのだ。安倍首相のために死ねてこそ尊敬される自衛官となれるからだ。
ラベル:自衛隊
posted by 愛国 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
でんでんあべしお腹痛くなって来たようですねw♪
Posted by へぃとふる破鶏夫 at 2017年07月23日 03:42
その通りです。私の為に死ねる人間こそ真の日本人です。私の為に死ねない人間は、反日売国奴。私は、こんな人達に負けるわけにはいかない。
Posted by 内閣総理大臣・安倍晋三 at 2017年07月23日 18:08
尊敬する先生に意見するのは申し訳ないのですが、もう稲田大臣では、持たないとおもわれます。
ここは、安部首相は、決断されるしかないと、私は、思います。
愛国心が、あるからこそ、意見させていただきます。
Posted by AIKOKUSHA at 2017年07月24日 09:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック