検索
 

2017年09月12日

韓国に物乞いとののしるトランプ大統領は偉大な政治家だ





 北朝鮮の核実験により緊迫する朝鮮半島情勢。この問題がここまでこじれるのは世界でも有数のろくでもない国家が主な主役を演じているからだろう。しかしトランプ大統領率いるアメリカはそのろくでもない国家からは完全に離脱をしたと言っていい。それはトランプ大統領が偉大な発言をしたからに他ならない。

 トランプ大統領は日米の電話による首脳会談で、北朝鮮との対話にこだわる韓国について「物乞いのようだ」とののしったのである。まさに愛国的発言であり、頭の良い発言であるといえるだろう。フジテレビの報道だから発言は事実ではないという意見もあるだろうが、そんなことはどうでもいい。重要なのは韓国ならばそういわれても仕方がないということなのだから。

 考えてみてほしい。完全に解決されたはずの慰安婦問題を蒸し返してきて日本に謝罪と賠償を要求しているのはどこの国かということだ。おそらくアメリカも何らかの件で韓国から謝罪と賠償をいわれたのではないか?そう考えれば物乞いという発言は非常に論理的だといえるだろう。

 北朝鮮が危険な国であることは間違いないが、韓国は北朝鮮よりももっと危険な国ということは忘れてはいけない。韓国は北朝鮮の核を有効活用して日本に向けようとしているのは間違いない。そのためにも北朝鮮への軍事攻撃よりも韓国への制裁の方が圧倒的に先であろう。物乞い国家にはその対応が一番だ。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もう、ただただ、素晴らしいの一言です。
最近は、先生の意見を馬鹿にする、野党や在日の誹謗中傷コメントも完全駆除したようなので、私はしばらくは、純粋に先生の情報の発信を拝見することにします。
これからも、貴重な情報の発信をお待ちしております。
Posted by AIKOKUSHA at 2017年09月13日 16:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: