検索
 

2017年09月14日

吐き気を催すほど醜悪な東京新聞は弾圧すべき





 日本には産経新聞や保守速報、ネットギークなどの良心的マスコミやネットメディアがたくさんある。しかし悲しいかな圧倒的に反日メディアの方が幅を利かせているその極致ともいえる存在が東京新聞だ。東京新聞は極左として知られているから安倍政権を敵視している。その証拠に全く問題のない加計学園の件について不適切な質問をしたということで官邸が抗議をしたほどである。

 東京新聞とその仲間は「官邸による言論弾圧だ」と息巻いていることだろう。しかしこれは正当な事由に基づくものであり、何ら問題はないことが世界的な常識である。しかしこの質問をした望月衣塑子というDQNネームの記者は『それでも私は権力と戦う』という。全く吐き気を催すほど醜悪さだ。

 こんなろくでもない連中は実際に言論弾圧がどのようなものかを知らしめてやる必要性があるだろう。日本も反日メディアに対して徹底的に弾圧をしてやる必要がある。やはり東京新聞が大好きな中国が行っている弾圧を積極的にやった方がいいだろう。監禁や拷問を行い、二度とまともな生活ができないようなことを積極的にやって権力と戦うことの重要性を教えたほうがいいだろう。しかも中国を尊敬している連中だから喜ぶに決まっている。

 権力と戦うのならば死ぬ覚悟をもって臨むべきだろう。従って政府としてもその思いにこたえるべきであろう。政府は東京新聞を弾圧して血の粛清を行うべきだ。そして二度と安倍政権に逆らえないようにしてやることが日本のためには絶対に必要なのだ。権力と戦うことは殺人よりも罪深い大犯罪だと思い知らせなければ日本はだめになるだろう。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: