検索
 

2017年09月18日

総選挙で安倍政権を勝利させて全権委任法を禅譲しよう





 今月末の臨時国会冒頭で安倍首相が衆議院を解散させることがわかった。確かに現在は北朝鮮のミサイル核実験で国家存亡の時である。そういうときだからこそ解散総選挙で安定した政権を作るのは当然の話だといえる。まさに日本を守るための攻めの政治であり、これこそ北朝鮮に対する圧力なのである。

 北朝鮮に対して強い政治をするためにも今度の総選挙で自民党の対象が義務付けられる。そもそも安倍政権の支持率が下がったのは反日マスコミやフェイクニュースが森友や加計問題を安倍首相のせいに仕立て上げたことが原因だった。実際には安倍首相は何も悪くなく野党の陰謀が判明しているのに。だが、奴らはそのことに目をつむり平然とデマを流しているのである。これは日本人として最低の行動だ。

 そのためにも我々自民党ネットサポーターズクラブ(J−NSC)が石器欲的に工作活動を行う必要がある。森友や加計において真実を流し、野党の悪口を徹底的に書いてイメージダウンを狙わなければいけない。そのためならばデマやセカンドレイプも当然行うつもりだ。日本を守るためならばそのようなことも許されるからである。セカンドレイプと言えば愛国ジャーナリストの山口敬之氏にされたとして女が訴えているが、あれも山口氏を陥れるためのものであるから接待に許してはいけないのである。

 今回の解散の理由である北朝鮮問題の本質は日本の政治が混乱を起こしていることにある。もちろんその日はすべて野党にあって安倍政権に何ら非がないのは幼稚園児でもわかる常識(わからなければ幼稚園児以下)なのだが。だからこそ非常事態として安倍政権に全権委任法を与えて混乱を収めるのが最もいい方法なのである。しかし安倍首相は全権委任法を前回の選挙では公約にしなかった。だから今度の選挙であえて問おうとしているのだ。今日からやっても国民は支持するのにあえてせずに憲法にのっとって行うのだから安倍首相は偉大なのだ。

 北朝鮮に負けることがあってはならない。そのためにも国内にいる北朝鮮の味方は徹底的に弾圧して処刑する必要がある。そう、野党を支持する連中だ。北朝鮮のスパイはネット上にもたくさんいる。だからこそJ−NSCとしてネットに真実を伝えるための行動が必須なのだ。私は愛国戦士として命を懸けてこの日本をネット上から守っていくつもりである。
ラベル:衆議院選挙
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: