検索
 

2017年09月23日

北朝鮮には来年2月までは核実験やミサイル発射を頑張ってほしい





 北朝鮮の外相が「太平洋で水爆実験をやる」という発言まで飛び出した国連総会。ますます国際社会を敵に回す発言をしている。だが、北朝鮮の肩を持つわけではないが、来年2月までは北朝鮮には核実験やミサイル発射を頑張ってほしいと思っている。それは北朝鮮によって平昌オリンピックが中止になるかもしれないからだ。

 平昌オリンピックはなんとしても失敗させなければいけない。韓国は反日国家であり敵国だからだ。韓国で世界規模の大会が行われること自体が日本の国益を損なうものである。したがって日本のためには北朝鮮の存在はうってつけなのだ。事実その兆候がここにきて出始めたのだ。

 フランスのスポーツ相が北朝鮮情勢に関連して「状況が悪化し、安全が確保されなければ五輪には参加しない」と発言したのである。これは世界中を大いに勇気づけるものだ。世界に名だたるスポーツ大国の1つであるフランスがこのような反応をすれば世界もきっと追随してくれるであろう。だからこそオリンピックまでには北朝鮮に積極的に頑張ってもらいたいのである。

 北朝鮮が瀬戸際外交をすることで世界が感謝することもあるのだ。いくら北朝鮮が危険な国だからと言って何もかもが悪いわけではない。もしも北朝鮮を倒したいのならば平昌オリンピックの後でも構わないだろう。少なくともオリンピックまでは会えて北朝鮮にもエールを送る必要があるだろう。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: