検索
 

2017年09月25日

小池新党こそ自民党と組むべき政党とあらためて判明した





 小池百合子東京都知事が事実上のトップになる新党が誕生しようとしているが、当初は民進党を離党した連中が多かったからあまり信用はならなかった。しかし、ここにきてその認識を180°変えなければならない事実が起きた。日本のこころの中山代表夫妻が新党に合流することが判明したからだ。

 中山恭子代表は日本のこころはこのままでは消滅してしまうので座して死ぬよりはここで小池新党に合流するのがいいだろうということだ。こんな愛国政党を消滅の危機に追い込もうとする有権者は本当に民度が低いと言わざるを得ないが、日本のためにも仕方のないことなのだろう。もともと小池知事は愛国的な要素もあったのでこれで愛国面が補完されて政権担当能力が格段に上がったのは間違いない。

 自民党はやはり公明党を切って小池新党と手を組むべきだ。いくら公明党が選挙に協力をしてくれるといっても愛国心がないところと組むのは国民も納得しない。だったら小池新党と組むのが筋であろう。小池都知事はもともと自民党の人間だし、何よりも都議選においては第1党なのだ。公明党よりも議席を獲得していることを忘れてはならない。

 真に素晴らしい日本を造るには公明党がいる限りできないのだ。なので日本のこころが小池新党に合流するチャンスである。自小連立政権を作り国民の度肝を抜いてやれば確実に知名度は上がり選挙は対照する予定となるであろう。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: