検索
 

2020年05月03日

憲法を変えればコロナウイルスを倒すことができる





 
 猛威を振るうコロナウイルス。本日はコロナが猛威を奮って初めての憲法記念日だ。安倍首相はこの事態にかんがみ緊急事態条項を付けることを主張している。まさにそのとおりである。憲法のせいでうまく国民が従わずに感染を広めてしまっている。したがって憲法を早く変える必要がある。

 ウイルスという見えない敵と戦うには法律的な下支えは絶対に必要だ。しかしその根幹をなす憲法がこの体たらく、これではウイルスを制圧して東京オリンピックを開くことはできない。これは安倍首相にとって最悪のシナリオだ。だから一刻も早い改憲が必要だ。すぐに議会を開き、改憲の動議を発動するべきだろう。そして国民投票だが不要不急の外出を自粛している状況下では行わないことはやむをえまい。とにかく変えることが重要だ。





 日本は必ずウイルスを倒すことができる。だがそのためには憲法をウイルス撃退用にする必要があるのは言うまでもない。いまこそ超法規措置として改憲をおこなうべきであろう。憲法の規定に多少抵触はするが関係ない。それが緊急事態であるのだ。それだけの重大事態であることを理解しなければいけないのだ。

 緊急事態条項があればウイルスもうろたえて自滅の道を歩むであろう。未知のウイルスを倒すのは医学ではなく愛国心であり、緊急事態条項であり憲法改正である。改憲ワクチンこそ日本を救うのである。



posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まさか、先生のお書きになるお話をまたお目にかかれるとは思っておりませんでした。感激で胸が一杯です。是非とも都知事選でも大勝利を収めて我が自民党をより盤石のものといたしましょう。共に頑張りましょう。
Posted by AIKOKUSHA at 2020年06月29日 08:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: