検索
 

2020年05月05日

子供が少ないならば自粛期間を利用して子作りに励め






 子供の数が昨年よりも20万人減ったという。やはり一番の解決法は子供をたくさん作ることだ。そこで適齢期の夫婦には子供を積極的に作ってほしい。自粛期間のこの時期がチャンスだからだ。

 子供を作る行為は気持ちいいし楽しいので国民のだれもがやるべき案件だとは思う。しかしコロナウイルスで国内が大変な状況下においてはそうではない。濃厚接触を防ぐために不特定多数の子作りは慎まれるべきだからだ。私もかつては濃厚接触をたくさん行って日本のために励んできた。しかし今この状況では逆に反日行為となってしまう。だから私は我慢をしているのだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★素敵なポイント生活をあなたに。

★    ポイントアイランド 無料会員登録

★メールをクリックするだけでポイントが獲得できる!
☆さらに、サイト上で「会員登録」「ショッピング」「資料請求」に参加で
★多くのポイントを獲得できます。貯まったポイントは、現金にいつでも交換可♪
☆毎日現金1,000円が当たる運だめしも実施中。

☆\\空いた時間を有効活用。ポイント貯めるなら「ポイントアイランド」//

☆    ↓↓↓↓無料会員登録はこちら!!↓↓↓↓
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35U68I+7SF90Q+S7A+BXQOJ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 そうすると子づくりを行えるのは適齢期の夫婦という言うことになろう。アメリカの専門家は夫婦で行うことは問題ないと言っているそうだ。だから積極的に子作りをして少子化対策に貢献してもらいたい。普段はできなくても自粛期間で比較的余裕があるはずだ。

 こういう時だからこそコロナウイルスに勝たなければいけない。小づくりもその立派な作戦ということになろう。だから積極的に子供を作ってほしい!



posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: