検索
 

2017年06月27日

愛国心を持たなければ29連勝も意味はない





 史上最年少のプロ棋士である藤井聡太四段がデビューから29連勝という前人未到の新記録を打ち立てた。もはや誰も記録更新をすることができないのかという快挙であるが、その快挙に泥を塗らないようにするのも義務だろう。そう、愛国心を持つことだ。

 将棋は日本発祥の文化。そのことを強く意識しなければならない。これは必ず「将棋の起源は我が国にある」という反日民族の存在がある。藤井四段は日本の文化を守るためにもそのような反日国家を強く嫌悪する義務があるのだ。愛国心とは日本を好きになるだけではだめで、敵国を憎むことが絶対条件なのである。
 
 藤井W段は中学生。なので事あるごとに日教組の教育でダメになりかけたと宣伝してくれれば最高だろう。こんなすごい棋士は愛国者であってこそ人気が増すのである。もしも売国奴であったら愛国者による大バッシングが展開されるだろうから今のうちに正しい思想を持つべきである。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

憲法を盾にしての横暴は憲法違反である





 通常国会も終わったが、ここにきて野党が臨時国会を要求している。憲法53条に基づくものであるが、この件は憲法の乱用に当たるものであり安倍政権は一切耳を貸す必要はないと考えるのが通説だ。そもそも今国会の論戦が低調になったのはすべて野党の責任である。

 野党は加計学園の問題をことさら取り上げ本来国会の役割である日本を良くするための観点が完全に欠けていた。加計学園の件は何も安倍首相は悪くないことが証明されているのだ。なので安倍首相をさも犯罪者扱いをして国会をリンチの場に使った野党がすべて悪いというのが論理的に導かれなければいけないのだ。

 そして野党の臨時国会開催要求は実は憲法違反である。憲法12条には「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない。又、国民はこれを濫用してはならないのであって、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。」とある。つまり野党は自らの私利私欲のために国会の時間を浪費し、それを責任転嫁してもっと時間を作れと言っているのだ。つまり今回の要求は権利の濫用にほかならず憲法12条に違反するとわかるのである。

 憲法は野党のためにあるのではない、国と国民のためにあるのだ。不満があるのならばちゃんとした手続きで改憲すればいいのであって憲法を無視するのはおよそ国会議員のすることではない。憲法を大切にしない国会議員は消えてしまうべきだろう。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

市川海老蔵は小林麻耶と結婚をするべきだ





 歌舞伎俳優の市川海老蔵の妻で乳がんの闘病中だった小林麻央が亡くなった。まだ34歳というあまりにも若い死である。私とは一回り以上若い人がこういう形で亡くなるのを見ると本当に本当に胸が痛くなる。海老蔵自身はともかく残された2人の子供が不憫すぎる。将来の人格形成の面でも非常に問題が起きてきてもおかしくない。母親の死というのはそれだけ重大なことなのだ。

 そこで海老蔵には麻央さんの姉である小林麻耶と結婚をすべきであると考える。麻耶は妹のために精一杯尽くしてきた。その伯母のその姿にはきっと2人の子供もいい感情を持っているだろうと思われる。だからこそ今度は伯母から母になるといいのではないかと思うのだ。

 そして海老蔵との再婚は麻耶自身にもメリットがある。麻耶ももう37歳。非常にきれいだが、年齢には勝てない。そろそろ誰かと結婚をしておいた方がいいと思う。そうなれば子供とも接している海老蔵と結婚すれば誰もが納得できるのではないだろうか?

 もちろんすぐに決まるわけではないだろう。まずは麻央さんを失った悲しみをいやすことが先決。結婚はそれからでも遅くないとは思う。それでも海老蔵と麻耶の結婚は世間をにぎわせること間違いなしだろう。
タグ:市川海老蔵
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

豊田議員への度を過ぎた攻撃は自重しよう





 自民党の豊田真由子議員が秘書にパワハラをしたとして離党をした。動画を見ればわかるが確かにこれは酷く、離党もやむを得ないというもの。

 

 しかしこれ以上豊田議員を責めるのは辞めよう。本人は非を認めて責任を取った。何よりも暴行を受けた秘書が大ミスをしたのも原因だ。怒る気持ちはわかる。そしてこれ以上の攻撃は人権侵害にあたる。すでに豊田議員は入院をしてしまった。これ以上何かがあったら死んでしまうかもしれない。

 議員だって人間だ。批判すべき時はすべきだが、理性をもってしなければならない。失礼ながら豊田議員のような経験の浅い議員よりも蓮舫や辻元清美、山尾志桜里のような疑惑まみれの人物を批判すべきであろう。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

アメリカは北朝鮮を空爆するべきだ





 北朝鮮に拘束されて、昏睡状態で開放されたアメリカ人大学生が死亡した。北朝鮮はボツリヌス菌によるものとしてきたが、この死は明らかに北朝鮮による拷問であり絶対許されるものではない。トランプ大統領も北朝鮮を非難したが、それだけで済ませるべきではないのは当然だ。アメリカは空爆を行うべきである。

 北朝鮮は核を持っているからと言って、すぐに発射をすることはできない。むしろこのまま手をこまねいていたら北朝鮮が核ミサイルを完成させることも考えられる。だからこそ今のうちに攻撃をするのは当然ではないか。それでトランプ政権は毅然とした対処を見せることができるし、何よりもこれで安倍首相が一番救われる。

 安倍首相の支持率が急落するという事態に見舞われた。これも安倍政権を倒したい反日組織が霞が関にも根っこを広げて静かなテロを起こしたからに他ならないが、このままでは日本は北朝鮮に倒されてしまう。だからアメリカには北朝鮮を空爆してもらいたい。そうすれば戦争となるから安倍政権への支持率は急上昇するのだ。安倍首相は自衛隊の最高指揮官として日本を勝利に導くからである。

 北朝鮮への空爆はアメリカのみならず日本をも救うことになる。安倍首相がいなくなれば日本の危機である。安倍首相の後は安倍首相が認める人間であるべきなのだ。しかし今は後継者がいないので日本を守るためにも安倍政権が続かなければならない。したがって北朝鮮への空爆はアメリカによる義務となったのである。
タグ:北朝鮮
posted by 愛国 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

須藤凛々花についての雑感





 毎年恒例のAKB48選抜総選挙が行われたが、今回は間違いなく歴史上に残るであろう大衝撃となった。20位に入ったNMB48の須藤凛々花が結婚を発表したからだ。恋愛禁止を掲げるAKBにおいてはもはやタブーの中のタブー。一気に知名度を上げることとなった。その裏には文春砲があったという。しかしそれを差し引いたとしてもこの衝撃。私もこのモヤモヤ感に昨日は記事を書くことができなかったほどだ。

 とりあえず私が思ったことをつらつらと書いておこうと思う。まずなぜいきなりの結婚発表かということだ。そもそもいくら文春砲を受けたところで結婚発表をする必要は全くない。恋愛を認めただけで問題はなかったはずだ。せいぜい髪を切って丸坊主にすれば良かっただけだろう。しかしこの発言で命まで狙われることになってしまった。リンチの可能性も十分あり得るだろう。普通に考えれば自爆も自爆。イスラム国も真っ青である。

 おそらく須藤は妊娠してしまったのではないだろうか?そう考えればわざわざ結婚を発表をしたこともつじつまが合う。今の日本ではシングルマザーはリスクである。そうなれば結婚をしておいた方がいいと考えるのは実に自然なこと。これは近日中に明らかになるだろうが、かなり可能性は高いと私はみている。

 そしてこの結婚の発表についてだが、私は別にいいと思っている。それは少子化対策に貢献するからだ。妊娠しているかは定かではないが早いうちに結婚をすれば子供もたくさん作りやすくなる。須藤はまだ20歳だ。たくさん子供を作ることが罪滅ぼしになると思う。

 須藤は31779票を獲得し総選挙20位。1000万円以上の金が須藤のために注ぎ込まれた計算となる。だから金をつぎ込んだファンは怒りに震えているわけだが、そもそもそんなに金をつぎ込んだところで須藤を自分のものにできたというのだろうか?そう考えれば逆恨みといわれても仕方がないと思うのだ。

 若い女性の魅力は顔もそうだが、体だろう。私は会いに行けるアイドルよりも脱いでくれるアイドルの方がよっぽど神聖だと思う。更に言わせてもらえればヤラせてくれるアイドルこそ至高の存在である。そう考えればヤラせてくれる女性こそ真のアイドルだし、そっちに金を注ぎ込むのが健全であるといえるだろう。
タグ:AKB48
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

京産大をFランク大学に認定すれば加計学園は何の問題もなくなる





 加計学園の獣医学部新設を巡る問題で文科省の再調査で「総理の意向」などと書かれた14の文書について存在を確認された。これをもって安倍首相の潔白が改めて証明されたわけだが、パヨクどもは安倍政権に問題があるとして盛んに攻撃をまだまだ仕掛けてくる。まるでテロリストのように。その根拠の一つとして奴らが挙げているのが、京都産業大学も手を挙げていたのにあとから理由をつけて落としたのではないかということだ。

 しかし京産大の計画はずさんなもので最初は紙1枚しか出してこなかったそうだ。その後計画書はちゃんと出したとはいえ失礼なやり方であり、とても新規に学部を作るような大学ではないことを証明してしまったのだ。




 しかし国民の京産大のイメージは悪くなる気配はない。これももともと偏差値が一応高いことも影響しているのだろう。私は日本で一番強固なブランドは学校のブランドだと痛感せざるをえなくなった。このままでは非常にまずいだろう。そこで京産大をFランク大学にする必要があるのだ。

 マスコミは京産大がいかに頭の悪いことをやっているかを宣伝するべきだ。もしくは閣議で京産大をFランク大学に認定してやってもいい。そもそも京産大という名前が共産党と同じ発音で共産党とのつながりを深くうかがわせるものだ。このような反日大学には正義の鉄槌を下さなければならない。

 とにかく京産大はその名前から強烈な野党系である。だからこそ妨害工作を行うのは愛国者として当然賛成だ。加計学園、ひいては安倍政権が何の問題もないことを天下に知らしめるためには京産大がいかに頭が悪く、研究に値しない大学であるかを認定する必要があるのだ。
タグ:加計学園
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

テロ等準備罪で日本の敵をどんどん捕まえよう





 共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する法改正が参院で可決した。すでに衆院でも可決されたことにより、見事に成立したのである。これで日本はテロが防げることになりより安全になる。とはいえせっかく作った法律だからテロ摘発はしたいと思えるのも人情。だからといってテロを期待するのは本末転倒だ。そこでテロ組織を作ってしまえばいいのだ。

 もちろん安倍政権は自作自演のテロを起こせという意味ではない。反対していた野党やマスゴミを陥れるために使うべきなのだ。日本のための改正なのに、国会で無駄な時間を費やした野党の罪は非常に重い。したがってこのテロ行為に対して共謀罪第1号を適用すべきなのだ。野党を毛嫌いしている善良な国民も反対者をテロ組織扱いすることには何の異論もないはずだ。

 また、今では加計学園の件でも非常にうるさいことになっている。安倍首相をはじめとして政権や自民党はこの問題で何もおかしいことをしていないのに、朝日新聞は犯罪だとテロ扱いをする。そんなテロ集団にもこの共謀罪で口を封じてしまえばいいのである。

 懸案だった参院での可決も無事成立した。これで安倍政権は盤石となる。なぜならば安倍政権に反対するものはテロリストだからだ。それだけ安倍首相は偉大すぎる存在なのだ。もし安倍首相が日本医いなかったら間違いなく中国が侵略していたであろう。本当に安倍首相の偉大な政治力によって日本人は幸福を享受できているのである。

 テロは防げて、政敵も弾圧できる共謀罪はまさに一石二鳥である。日本を敵から守るためにも絶対にこの共謀罪は必要なのであると訴え続けてきたが夢がかなって私は満足している。今度お祝いのパーティーでもして仲間とともにこの慶事を喜びたい。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

勝利の女神と名乗るからには負けたときには責任を取るべきだろう





 「勝利の女神」という言葉がある。つまり勝利をした場合はその人物(女性)のおかげということだ。現代日本にも勝利の女神と目される人物は自薦他薦含めれば星の数だけいる。しかし勝利の女神がいるにもかかわらず負けてしまうことがあるのはどういうことか?それは本来は意味がないものではないかとなってしまうのだ。

 もちろん自分は勝利の女神でないと思っているのに、周りからチヤホヤされて勝利の女神に祭り上げられたということはあるだろう。しかし自分で勝利の女神を名乗るのならば話は別だ。そういう場合は勝利に貢献しなかったら女神を自称した責任を取るべきなのだ。そう、脱ぐのである。

 古代ギリシャのミロのビーナス像を見ればわかるが、女神と裸は切っても切れないもの。したがって女神の責任は美しい裸体を魅せることによってのみ成し遂げられるものなのだ。なので脱ぐ気概のない女に女神を名乗る資格はないといえるだろう。勝利は何の見返りもなく得られるものではない。勝利のためには美しい身体を要求されるのである。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

内部告発者を処分するのは当たり前だ





 加計学園の獣医学部新設計画を巡り文科省の人間が安倍首相を悪人扱いするような文書を内部告発した件について、義家副文科相が内部告発者は処分される可能性があることを明らかにした。当然だろう。国家公務員が国家を揺るがすよなことをしてはいけないからだ。そもそも今回の件はそれ以上の裏がある。

 加計学園の件については非常にマスゴミの偏向が目立つ。何の問題もないことがはっきりしているのに、安倍政権を憎む連中が勝手に捏造しているのだ。しかもそこに天下りで処分された官僚も関わっていたのだから偏向と言わずになんというかである。だからこそ今回の内部告発は悪の内部告発なのである。

 政権に逆らう所業は国家反逆である。しかも安倍首相は愛国者中の愛国者、なので安倍政権を守るためならばたとえ犯罪行為であったとしても守るのが当然ではないか!安倍政権に逆らうことは殺人よりも罪が深いのだ。だから内部告発者は処分されて当然なのだ。

 内部告発は卑怯である。これを否定するものは犯罪をしてもいいという千眼をしたと言っていいだろう。日本を良くしていくにはこういう卑怯者を粛清して公開処刑できるようではないといけない。こういうことを書くと不謹慎かもしれないが、北朝鮮を見習って残虐な死刑を選択することも重要だろう。
タグ:加計学園
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする