検索
 

2017年02月20日

政治的に偏向したアジア大会はボイコットしよう。





 冬季アジア大会が札幌市で始まった。しかしこの大会はすでにケチがついてしまった。だからアジア大会を見るのは辞めよう。政治的に偏向した大会など見る価値がないからだ。国民を敵に回すことを後悔させなくてはいけない。

 大会中はアパホテルが利用されるはずだった。しかしアパホテルが南京事件を否定する書物を室内に置いたということで中国と韓国の選手がアパをボイコットしたのである。デタラメを書いていたというのならばまだわからなくもないが、数多くの証拠から南京事件がねつ造であることは証明されているのだ。にもかかわらず大会組織委員会は中韓の横暴を認めたのである。

 そんな愛国ホテルをないがしろにする大会などない方がマシだろう。だからこそアパに報いるためにもボイコットをするのだ。具体的には観戦をしない、話題にもしない、札幌と帯広(スピードスケートの会場)には極力いかない。そしてアパホテルには泊まる、を積極的に行うべきであろう。

 例えスポーツと言えども国民がそっぽを向くならばやる意味がないというメッセージを送らなければいけない。それはすなわちスポーツが政治に従属することの大切さを国民全員が共有することに他ならない。だからこそ国民を敵に回したアジア大会をボイコットする必要があるのだ。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

清水富美加出家や金正男暗殺は最高のタイミングで行われた





 この1週間は大事件が立て続けに起きた。女優の清水富美加が幸福の科学に出家するために引退をするということ、そして北朝鮮の金正恩の兄である金正男がマレーシアで暗殺されたこと。どちらも大いに世間で盛り上がった内容であった。相当のことが連続したわけだがその起きたタイミングはまさに神ってるというほかがない。なぜならばそれで日本は救われることになるのだ。

 実はこの時期いちょうど安倍首相をねらったスキャンダルが出ていた。安倍首相の昭恵夫人が名誉校長を務める瑞穂の國記念小學院の開校用地を不正に安い金額で取得したといちゃもんをつけてきたのである。もちろんこれは何の問題もない。しかし安倍政権打倒のチャンスとみたパヨクどもは積極的にスキャンダルに仕立て上げようと攻撃を仕掛けてきていた。しかし立て続けに起きた大事件でパヨクのたくらみは水の泡と化したのである。

 とはいえこのままパヨクが引き下がるとは思えない。だからこそ第2第3の大ニュースで意図的に事件に触れさせないことが重要だろう。だから日本国内で大災害が起きてほしい。そうすれば誰もこの話題をしなくなるだろう。とにかく大きな事件で国民の眼を違う方向に向けさせるのだ。そうすれば安倍政権はますます強固になり、日本は救われるのである。

 安倍首相こそ日本の混乱を防ぎ、日本を守るために必要な偉大な政治家である。だからこそある程度は大事件が続いて混乱を起こしてマスコミの注目をそらしてほしい。混乱を防ぐために混乱を起こすというのは矛盾しているようだが、深く考えればちゃんと理に適っているのである。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

兄弟で殺しあう北朝鮮はやはりとんでもない国であった





 金正恩の異母兄である金正男がマレーシアで殺された。これは金正恩が殺害を指示したとのことである。兄弟で殺しあうこの地獄絵図は日本では考えにくいことだ。それだけ北朝鮮の異常性が際立っている。

 金正恩は野獣であり狂犬である。実の叔父である張成沢を無慈悲に処刑したことからも明らかだ。私は日本のためならば金正恩と手を組んでも構わないと考えていたが、やはりこのような人間とは距離を置かなくてはならないと改めて思った。

 この事件は決して日本にとって無縁はない。北朝鮮の工作員はやすやすと殺人に成功したのだ。当然日本の重要人物も平気で殺されるかもしれないということだ。やはり日本は先制攻撃で金正恩を殺さなくてはならないだろう。そのためにも憲法を改正して金正恩を殺せるようにしないといけない。
タグ:北朝鮮
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

小池知事と石原元知事の対決は敵を利するだけである





 豊洲市場への移転問題で石原慎太郎元東京都知事が、小池百合子都知事から「逃げている」と言われている屈辱を晴らすために記者会見をすることを明らかにした。石原都知事は何も間違ってはいないので当然の行動だが、このまま新旧の知事が対決するようなことは避けなくてはいけない。その間隙をぬって敵が利益を得てしまうからだ。


 石原小池の両者には東京都知事以外の共通点がある。それは自民党出身で愛国者ということだ。2人とも愛国者だからこそここまでの支持を得ることができたのである。しかしその2人が対決したらどちらの味方になればいいかがわからなくるではないか。それは獅子者の間に疑心暗鬼を引き起こし、国家転覆につながってしまう。

 歴史を紐解いていれば内部分裂により国家が崩壊した件は枚挙にいとまがない。私は日本を愛するからこそ2人には手打ちをしてほしい。どうせたかが市場程度のことで争って共倒れになったらそれこそ本末転倒だ。なあなあですませてうやむやにしてしまえばいい。バカな都民はどうせ選挙までには忘れてしまうのだから。

 日本のためにも両雄が相争う形があってはならない。ここは大局観をもって穏便に終わらせるべきだろう。記者会見の内容がどうなるかですべきことは変わるかもしれないが、2人の名誉が守られるならばそれが一番いい。半日テロリストが喜ぶことだけはあってはならない。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

千眼美子さんの活躍を期待しています。





 女優の清水富美加が芸能界を引退することになった。その理由がなんと幸福の科学への出家。すでに千眼美子の法名をもらい、時期を見て宗教家デビューするという。朝起きて知った衝撃的なニュースだが、幸福の科学でよかったと思う。これが創価学会や統一教会だったら気絶しているところだったろう。

 幸福の科学は大川隆法総裁をはじめ、愛国者たちが集う宗教として知られている。南京大虐殺や従軍慰安婦の虚構を暴いたのが幸福の科学の大川隆法総裁だったからだ。





 また愛国番組ニュース女子が暴いた沖縄の真実を番組担当者に教えたのも幸福の科学系列の組織だったことは記憶に新しい。千眼氏はそんな愛国組織の一員となるのである。つまり清水富美加時代からの愛国者だったということだ。

 そもそも清水富美加時代の所属事務所であるレプロは所属タレントを奴隷契約で縛り、移籍しようものならば徹底的に干して本名の使用も認めないという超絶ブラック事務所である。仕事がまだ残っているなどと言いがかりをつけること自体が全く反省のない証拠である。むしろドクターストップがかかった状態でも仕事をさせようという根性がおかしい。大量の違約金を請求されるだろうが自業自得以外の何物でもない。

 レプロの横暴でいろいろと苦労があっただろうが、出家したことで悩みは消えていくだろう。これからは再誕の仏陀の下で幸福を追求していってほしい。そして将来的には今以上の名女優と幸福の科学の主要幹部となることを期待している。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

安倍首相が先輩としての格を見せつける





 トランプ大統領就任後初の日米首脳会談が開かれた。尖閣が日本の領土であることが確認され、日米同盟の大切さが再確認された。これは安倍首相の大勝利である。なぜならば安倍首相の敵に冷や水を浴びせることに成功したからである。

 安倍首相の訪米前にパヨクは「安倍首相は17兆円をアメリカに差し出す売国奴」とネガティブキャンペーンをしていた。しかしパヨクの夢(?)だった安倍首相の売国行動は全くなかった。むしろ安倍首相が苦境トランプ大統領を救うかたちとなり、先輩としての格の違いを見せつけたのである。

 安倍首相は自らの正しさを改めて確信しただろう。「私は朝日新聞に勝った」と満面の笑顔でトランプ大統領に接したのだ。パヨクの心のよりどころが朝日新聞だからだ。もちろん、朝日が仕掛けた安倍首相の今回のスキャンダルも見事に吹き飛ばしてくれるだろう。

 安倍首相の訪米は大成功だった。トランプ大統領とのゴルフは思いっきり負けてもいいが、実戦では見事に勝利をした。まさに安倍首相は世界一の政治家であることを世界中に証明することに成功したのである。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

愛国的な学校に優遇措置を与えるのは当たり前だ





 大阪に愛国幼稚園と呼ばれる塚本幼稚園がある。ここは君が代や教育勅語・ご過剰のご誓文を児童に毎日唱えさせることで有名だ。その他にも多くの愛国者が講演を行うなど、まさに日本のための幼稚園である。その塚本幼稚園が4月に小学校・瑞穂の國記念小學院を開校する。ところがそこにサヨクがいちゃもんをつけてきたのである。

 瑞穂の國記念小學院は大阪の豊中市に国有地を取得して開校するのだが、その土地を同じ規模の近隣国有地の10分の1の値段で購入したのだという。しかも売却額を非公表にした、これはけしからんと怒っているのだ。しかし目的は愛国的な教育を行うためのもの、公益目的であり優遇されるのは当たり前だ。

 サヨクは利益供与だと怒るが、仮にそれが不正行為だったとしても何が悪い?すでに書いているが、瑞穂の國記念小學院は愛国的な小学校であり、日本を反日の手から守る活動家を育てる学校なのである。したがって愛国無罪となるのは当然だ。この学校の名誉校長は安倍昭恵首相夫人だが、安倍首相はそのこともあって財務省に支持をしたのだろう。さすがは愛国者の中の愛国者である。

 したがって今回の件を騒ぎ立てるのは敵国のテロリストである。愛国者ならばたとえ犯罪行為であっても称賛するからだ。事実塚本幼稚園の園長は中国と韓国が黒幕であると暴露している。したがって世界中を巻き込んで中韓の横暴を訴えるべきであろう。愛国者として知られる西村幸佑氏もそう述べている。




 不正ならば不正とわめくがいい。瑞穂の國記念小學院はどんな不正や犯罪をしてでも作るべき学校なのだ。むしろ愛国のためならば犯罪も平気でできてこそ真の愛国者なのだ。そのことを絶対に忘れてはいけない。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

18歳で何も知らないまま死ぬのは悲しすぎる





 人気アイドルグループ「私立恵比寿中学(エビ中)」のメンバー、松野莉奈さんが死去した。まだ18歳の若さであるしかも2日前までは何も異常はなかったのである。体調不良で休んでたった1日での急変。あまりにも急すぎる。多くの人が悲しんでいるが当然だろう。

 私はエビ中のことは詳しくは知らなかったが、さすがに18歳で亡くなるのは大ショックだ。まだまだやり残したことはたくさんあるはずだ。例えば紅白歌合戦の出場だってそうだろう。しかし私はもっとセックスをやりたかったのではないかと推測する。

 アイドル業界は枕営業という言葉が常態化するほどセックスとは切っても切れない関係だった。もしかしたら松野さんもセックスをしたかったのではないだろうか?なぜならばセックスは気持ちが良いからである。松野さんが実際に体験を済ませていたかは定かではない。処女だった可能性も高い。しかし18歳を超えたのでしたかったのではないだろうか?そう考えると悔しいとしかいえない。

 今はただ松野さんの冥福を祈るばかりである。まだ死因を明らかにしてはないがせめて自殺であることを祈っている。なぜならば自殺は愛国心の発露だからである。死のショックを和らげることができるのだ。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

小池知事は石原元都知事の名誉を守れ





 豊洲市場の移転問題について都議会が石原元都知事の参考人招致を決めた。しかしこの決定は元都知事である石原氏の名誉を傷つける恐れもある。本人の名誉を傷つけないようにすることが肝心だ。そもそも都知事としての責任を取れというが、石原氏は建築の専門家ではない、だから専門的な内容を知りえるはずがないので積極的に”不正”を主導できるはずがないのだ。

 それよりもいまさらになって石原氏への攻撃は非常に気になる。おそらく小池都知事が自らの得点稼ぎに利用しようと、元都知事の石原氏を叩こうとしているのだろう。なぜならば石原氏は偉大な政治家だったkらである。だが石原氏は絶対にそのような魔の手から守らなければならない。なぜならば石原氏は日本を代表する国士だからだ。

 今は引退したが、国会議員として東京都知事として大変素晴らしい成果を上げたまさに偉大な政治家である。そもそも東京でオリンピックをやるようになったのは誰のおかげなのかを考えてみてほしい。それだけでなく尖閣諸島の件でも石原氏の辣腕が日本の都合のよい様に展開して外交的勝利を挙げることができた。まさに国士と言わずして何と言おう。

 石原氏の敵は日本の敵である。石原氏は「東京は伏魔殿」と言ったが、これは東京都職員のみならず少なくない東京都民も入っている。おそらく東京在住の在日が暗躍しているのだろう。小池知事は千代田区長選に勝った傲りがどこかにあるのだろう。そうでなければこのタイミングで石原氏の参考人招致をするはずがないではないか。

 石原元知事も小池現知事もどちらも愛国者。つまり愛国者同士手を取り合うこともできるはずだ。両者は強力をして伏魔殿の黒幕を叩き、愛国者を守ることをしなければ豊洲が死の土地になるだけでなく、東京で震災が起きたら共産党の朝鮮人が大虐殺を始める可能性だってあるのだ。参考人招致という卑怯な技を使わずに小池知事には正々堂々とした解決をするべきである。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

亡国教育を推進させた三浦朱門が地獄に落ちる





 元文化庁長官で作家の三浦朱門が死んだ。これは非常に喜ばしいことだ。なぜならば三浦は亡国の道に日本をいざなった売国奴であるからだ。実は日本の歴史上最大の教育失政であるゆとり教育に大きくかかわっている。ゆとり教育はいうまでもなく、GHQとコミンテルンにより結成された日教組が発案し進めてきた。

 だが、日教組の力だけではゆとり教育は実現できなかった。なぜなら当時の日教組は野党・社会党を支持していたからだ。そのような状況にありながらゆとり教育が実現したのは文化庁長官であった三浦が賛成したからである。

 三浦はこう述べたという。
・「出来ん者は出来んままで結構、エリート以外は実直な精神だけ持っていてくれればいい」
・「限りなくできない非才、無才には、せめて実直な精神だけを養っておいてもらえばいいんです」
・「魚屋の息子が官僚になるようなことがあれば本人にも国民にとっても不幸になる」

 このような詭弁が通ってしまいゆとり教育が推進されてしまた。その結果どうなったか?あっという間に学力が低下し、障害児が増加した。また、犯罪も激増し学校は信用できなくなってしまった。そして、頭の足りなくなった学生は民主党の洗脳に簡単にはまり民主党政権を誕生させてしまったのだ。こう考えるとゆとり教育の罪は限りなく大きいと言わざるを得ない。

 民主党政権を誕生させるきっかけを作った三浦には天罰が下ったのだ。三浦にはこのまま地獄で苦しみを味わうべきであろう。

jigoku.jpg
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする