検索
 

2017年02月12日

安倍首相が先輩としての格を見せつける





 トランプ大統領就任後初の日米首脳会談が開かれた。尖閣が日本の領土であることが確認され、日米同盟の大切さが再確認された。これは安倍首相の大勝利である。なぜならば安倍首相の敵に冷や水を浴びせることに成功したからである。

 安倍首相の訪米前にパヨクは「安倍首相は17兆円をアメリカに差し出す売国奴」とネガティブキャンペーンをしていた。しかしパヨクの夢(?)だった安倍首相の売国行動は全くなかった。むしろ安倍首相が苦境トランプ大統領を救うかたちとなり、先輩としての格の違いを見せつけたのである。

 安倍首相は自らの正しさを改めて確信しただろう。「私は朝日新聞に勝った」と満面の笑顔でトランプ大統領に接したのだ。パヨクの心のよりどころが朝日新聞だからだ。もちろん、朝日が仕掛けた安倍首相の今回のスキャンダルも見事に吹き飛ばしてくれるだろう。

 安倍首相の訪米は大成功だった。トランプ大統領とのゴルフは思いっきり負けてもいいが、実戦では見事に勝利をした。まさに安倍首相は世界一の政治家であることを世界中に証明することに成功したのである。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

愛国的な学校に優遇措置を与えるのは当たり前だ





 大阪に愛国幼稚園と呼ばれる塚本幼稚園がある。ここは君が代や教育勅語・ご過剰のご誓文を児童に毎日唱えさせることで有名だ。その他にも多くの愛国者が講演を行うなど、まさに日本のための幼稚園である。その塚本幼稚園が4月に小学校・瑞穂の國記念小學院を開校する。ところがそこにサヨクがいちゃもんをつけてきたのである。

 瑞穂の國記念小學院は大阪の豊中市に国有地を取得して開校するのだが、その土地を同じ規模の近隣国有地の10分の1の値段で購入したのだという。しかも売却額を非公表にした、これはけしからんと怒っているのだ。しかし目的は愛国的な教育を行うためのもの、公益目的であり優遇されるのは当たり前だ。

 サヨクは利益供与だと怒るが、仮にそれが不正行為だったとしても何が悪い?すでに書いているが、瑞穂の國記念小學院は愛国的な小学校であり、日本を反日の手から守る活動家を育てる学校なのである。したがって愛国無罪となるのは当然だ。この学校の名誉校長は安倍昭恵首相夫人だが、安倍首相はそのこともあって財務省に支持をしたのだろう。さすがは愛国者の中の愛国者である。

 したがって今回の件を騒ぎ立てるのは敵国のテロリストである。愛国者ならばたとえ犯罪行為であっても称賛するからだ。事実塚本幼稚園の園長は中国と韓国が黒幕であると暴露している。したがって世界中を巻き込んで中韓の横暴を訴えるべきであろう。愛国者として知られる西村幸佑氏もそう述べている。




 不正ならば不正とわめくがいい。瑞穂の國記念小學院はどんな不正や犯罪をしてでも作るべき学校なのだ。むしろ愛国のためならば犯罪も平気でできてこそ真の愛国者なのだ。そのことを絶対に忘れてはいけない。
タグ:森友学園
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

18歳で何も知らないまま死ぬのは悲しすぎる





 人気アイドルグループ「私立恵比寿中学(エビ中)」のメンバー、松野莉奈さんが死去した。まだ18歳の若さであるしかも2日前までは何も異常はなかったのである。体調不良で休んでたった1日での急変。あまりにも急すぎる。多くの人が悲しんでいるが当然だろう。

 私はエビ中のことは詳しくは知らなかったが、さすがに18歳で亡くなるのは大ショックだ。まだまだやり残したことはたくさんあるはずだ。例えば紅白歌合戦の出場だってそうだろう。しかし私はもっとセックスをやりたかったのではないかと推測する。

 アイドル業界は枕営業という言葉が常態化するほどセックスとは切っても切れない関係だった。もしかしたら松野さんもセックスをしたかったのではないだろうか?なぜならばセックスは気持ちが良いからである。松野さんが実際に体験を済ませていたかは定かではない。処女だった可能性も高い。しかし18歳を超えたのでしたかったのではないだろうか?そう考えると悔しいとしかいえない。

 今はただ松野さんの冥福を祈るばかりである。まだ死因を明らかにしてはないがせめて自殺であることを祈っている。なぜならば自殺は愛国心の発露だからである。死のショックを和らげることができるのだ。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

小池知事は石原元都知事の名誉を守れ





 豊洲市場の移転問題について都議会が石原元都知事の参考人招致を決めた。しかしこの決定は元都知事である石原氏の名誉を傷つける恐れもある。本人の名誉を傷つけないようにすることが肝心だ。そもそも都知事としての責任を取れというが、石原氏は建築の専門家ではない、だから専門的な内容を知りえるはずがないので積極的に”不正”を主導できるはずがないのだ。

 それよりもいまさらになって石原氏への攻撃は非常に気になる。おそらく小池都知事が自らの得点稼ぎに利用しようと、元都知事の石原氏を叩こうとしているのだろう。なぜならば石原氏は偉大な政治家だったkらである。だが石原氏は絶対にそのような魔の手から守らなければならない。なぜならば石原氏は日本を代表する国士だからだ。

 今は引退したが、国会議員として東京都知事として大変素晴らしい成果を上げたまさに偉大な政治家である。そもそも東京でオリンピックをやるようになったのは誰のおかげなのかを考えてみてほしい。それだけでなく尖閣諸島の件でも石原氏の辣腕が日本の都合のよい様に展開して外交的勝利を挙げることができた。まさに国士と言わずして何と言おう。

 石原氏の敵は日本の敵である。石原氏は「東京は伏魔殿」と言ったが、これは東京都職員のみならず少なくない東京都民も入っている。おそらく東京在住の在日が暗躍しているのだろう。小池知事は千代田区長選に勝った傲りがどこかにあるのだろう。そうでなければこのタイミングで石原氏の参考人招致をするはずがないではないか。

 石原元知事も小池現知事もどちらも愛国者。つまり愛国者同士手を取り合うこともできるはずだ。両者は強力をして伏魔殿の黒幕を叩き、愛国者を守ることをしなければ豊洲が死の土地になるだけでなく、東京で震災が起きたら共産党の朝鮮人が大虐殺を始める可能性だってあるのだ。参考人招致という卑怯な技を使わずに小池知事には正々堂々とした解決をするべきである。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

亡国教育を推進させた三浦朱門が地獄に落ちる





 元文化庁長官で作家の三浦朱門が死んだ。これは非常に喜ばしいことだ。なぜならば三浦は亡国の道に日本をいざなった売国奴であるからだ。実は日本の歴史上最大の教育失政であるゆとり教育に大きくかかわっている。ゆとり教育はいうまでもなく、GHQとコミンテルンにより結成された日教組が発案し進めてきた。

 だが、日教組の力だけではゆとり教育は実現できなかった。なぜなら当時の日教組は野党・社会党を支持していたからだ。そのような状況にありながらゆとり教育が実現したのは文化庁長官であった三浦が賛成したからである。

 三浦はこう述べたという。
・「出来ん者は出来んままで結構、エリート以外は実直な精神だけ持っていてくれればいい」
・「限りなくできない非才、無才には、せめて実直な精神だけを養っておいてもらえばいいんです」
・「魚屋の息子が官僚になるようなことがあれば本人にも国民にとっても不幸になる」

 このような詭弁が通ってしまいゆとり教育が推進されてしまた。その結果どうなったか?あっという間に学力が低下し、障害児が増加した。また、犯罪も激増し学校は信用できなくなってしまった。そして、頭の足りなくなった学生は民主党の洗脳に簡単にはまり民主党政権を誕生させてしまったのだ。こう考えるとゆとり教育の罪は限りなく大きいと言わざるを得ない。

 民主党政権を誕生させるきっかけを作った三浦には天罰が下ったのだ。三浦にはこのまま地獄で苦しみを味わうべきであろう。

jigoku.jpg
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

長谷川豊氏は議員になれる立派な存在である





 元フジテレビの長谷川豊アナウンサーが日本維新の会から次期衆院選に立候補することになった。「維新の政策と長谷川氏の主張は近い」ということなので維新からの立候補となったが、本来ならば自民党から出てもおかしくない逸材である。私も積極的に応援をしたい人物だ。

 長谷川氏といえば「人工透析患者は実費負担にさせよ」というブログが炎上したことで昨年話題になった。そのことで大変批判を受けたわけだが、私に言わせればこれのどこがおかしいのだ?といった感じだ。そう、長谷川氏は正しいことを言っていたのである。

 そもそも日本に必要なのは軍事費であり、その障害となる一番の金食い虫は医療費。だから医療費削減に向かうのは当然なのだ。長谷川氏は「人工透析は障害者」とも書いていたが、だからこそ死なせることが重要だ。障害者など戦争が起きた時には真っ先に足手まといになるのだから、無駄な医療費を使わなくて済ませることが国家に対する重大な貢献となる。それが長谷川氏の言いたいことだったのだ。

 長谷川氏は自宅がある千葉1区からの出馬を予定しているという。しかしここにはすでに自民党の現職がいる。しかし自維の友好のため、ひいては名実ともに連立政権を実現するためにも自民党候補は長谷川氏に地盤を譲るべきであろう。自民党支持者の私がそうであるように、多くの自民党支持者はいざとなったら長谷川氏に投票するはず。こんな立派な人物を当選させて千葉1区の民度の高さを知らしめるべきなのだ。

 それにしても維新はいい人材を見事にスカウトしたと思う。自民党は今頃悔しがっていることだろう。支持者の私ですらそう思っているのだから間違いない。しかしここは割り切って自民党には度量の大きさを見せて長谷川氏を当選させて、日本のために活躍するように育ててほしいものだ。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

トランプ政権とは南京事件で分かり合えると確信した





 数多くの行動で世界を振り回すトランプ政権。しかしその中には正しいこともあるのだ。トランプ大統領だから間違っているとはならないのである。そんなトランプ政権は南京事件で日本の側に立ってくれるのではないかと思える出来事が起きた。

 大統領の顧問がありもしないイラクでの虐殺をあると発言したのである。この発言自体はうっかりの類かもしれないが、重要なのは虐殺がねつ造だったという点だ。ねつ造された虐殺といえば、そう南京事件である。中国は日本軍が30万人を殺したとしているが、数々の証拠から虐殺がなかったことが判明している。そもそも当時の南京の人口は25万人しかいなかったのだ。仮に虐殺があったとしてどうやって30万人を殺すのだろうか?

 話を戻すと、この発言は虐殺がねつ造という意味で南京事件と同じだということだ。そしてアメリカは日本の同盟国。そこから来る結論はトランプ政権は南京事件をねつ造と認めるということだ。なので日本はトランプ政権の意向を盾に積極的に歴史戦を展開していくべきだ。数々の証拠を世界に拡散するのである。例えばこの動画も非常に強力な武器となるだろう。



 南京事件は日本人の精神性を遅らせるために日本人に自虐的なDNAを植え付けるためにねつ造されたものだ。マッカーサーが遺伝子工学の権威と言われるのもそこにある。いまこそ日本人の偉大なDNAを確立させるためにも歴史偽造にはNOを突きつけるのだ。そのためにもトランプ政権との友好は欠かすことはできない。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

安倍首相がトランプ政権を手玉に取る





 今月10日にトランプ政権後初の日米首脳会談が開かれる。そこで日本政府が取り上げるのが、公的年金を米インフラに投資することだという。トランプ政権はアメリカ国内への雇用を促進するために日本を含む諸外国に圧力をかけているが、その対策の一環である。これだけならば日本はトランプ政権に屈したとみることもできる。しかし実際は逆で安倍政権がトランプ政権を手玉に取るのだ。

 投資ということは日本がアメリカを利用して儲けるということである。もちろん経済活動は成功もあれば失敗をすることもある。しかし安倍政権は天才的な運営によってほぼ確実に成功しているのだ。つまりアメリカにされているように見えて、実は利用しているのだ。もちろん他国も日本に投資しているが、これまた安倍政権の見事な運営によって生かさず殺さずの結果を生み出している。つまり他国の投資は日本では見事に失敗をして、日本のカモになっているのである。

 このニュースに対してパヨクどもは反対の声を上げる。自分たちが売国奴なのに安倍首相を売国奴と責任転嫁するのだ。そんなパヨクどもには田母神氏の名言を進呈したい。




 GPIFは今回の報道を否定しているがここは勝負の時なので、安倍政権に任せてみるのがいいだろう。こういうのはプロにやらせてみるのが一番である。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

安倍首相は大統領令について堂々とコメントをするべきだった





 私は読者も知っての通り、熱烈な愛国者であり、自民党支持者であり、そしてそれ以上に安倍首相の支持者である。しかしそんな安倍首相にも今回だけは批判をしたい。それはアメリカのトランプ大統領が出した中東・アフリカ7カ国からの入国一時禁止した大統領令に対するスタンスである。

 安倍首相は参院の予算委員会で「コメントする立場にはない」といったのだ。しかしこれは致命的におかしい。逃げているとしか思えない発言である。熱烈な安倍支持者である私もこの発言はないと思ってしまったのだ。なぜならばトランプ大統領の行ったことは正しいからである。入国禁止はテロ防止のためであり、アメリカのために行っているのだ。日本もテロ国家に囲まれていることを考えればむしろ大統領令に積極的に賛同すべきだったのだ。

 おりしも世界各国で今回の大統領令に反対する声が出ているが、そんな時だからこそ安倍首相が積極的に賛成して日米同盟の大切さ、すばらしさを世界中に見せつける大チャンスとなったのにみすみす逃す形となってしまったのだ。だからこそ愛国者として苦言を呈したいのだ。

 今からでも遅くはない、安倍首相はどっちつかずの態度を改めて強力なトランプ支持を明確に打ち出すべきだろう。トランプ政権がどういう対日外交をするかは未知数だが、日本が有利になるためにも日本が共有できるスタンスははっきりさせるべきである。トランプ大統領と世界一わかりあえる政治家は安倍首相なのだから。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

日本でも反政権リストを作り攻撃しよう



 
 
 反日国家・韓国。やることなすことがすべて反日になるこの国において、大酋長の朴槿恵は政権に批判的な芸能人や文化人のリストを作っていた疑惑がある。これ自体はすでに昨年から疑惑として挙がっていたが、数多くの反日行為の発覚で影が薄れてきた感がある。そこで今回はあえてこの話題を出してみようと思う。

 単刀直入に言うと日本でもこういうリストを作るべきである。韓国はとんでもない反日国家だが、使えるネタは使おうというのは実に自然なこと。むしろ韓国でよりも日本にこそ必要なものであり、たまたま韓国が先に作っただけに過ぎないのだ。だから韓国のパクリとはならない。

 韓国では批判を浴びたが、それは韓国が反日国家だからだ。だから日本で同じリストを作っても全く問題にならないのである。そしてこのリストを使って日本をより良い国家にしようではないか。今の日本は芸能関係に非常に問題が多すぎる。昨年だとわけのわからない野党応援をした石田純一がそうだ。もちろんほかにもたくさんいる。

 日本を良くするには芸能界を抑えることも大事である。芸能界が反日ならばそこから青少年に悪影響を与えるからだ。したがって反日芸能人には容赦してはいけない。それがSMAPレベルの超大物であったとしても。芸能人以前にまず日本人、日本人として間違ったことをしたら糺すのが当然だろう。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする