検索
 

2017年04月10日

小保方は結果を早く出して責任をとれ





 3年前の昨日、2014年4月9日はSTAP細胞を「発見」したとされる小保方晴子の記者会見が行われた日である。



 しかし「行列のできる法律相談所」の緊急生放送における渡部建と佐々木希の結婚発表のような白々しいこの会見は専門家から一般人までほとんどが信用しない代物だった。そもそも「200回作った」はずのSTAP細胞がなぜ今まで作れなかったのか?そこを考えればおのずと小保方の嘘がわかるというものだ。小保方は懲戒解雇扱いとなったが、そんなことでは責任をとったとは言えないだろう。

 責任の取り方は2通りある。1つはSTAP細胞を実際に作ること。そしてもう1つは脱ぐことである。小保方の最大の武器は何か?それは写真を見ればわかるあの巨乳である。それを使って起死回生を図るしかないだろう。

obokata.jpg

 この画像から推定するにDからEカップはあると思われる。それだけの巨乳ならば絶対に脱いで贖罪のヌード写真集を出すべきであろう。婦人公論で連載をしている場合ではないのだ。それは「行列のできる法律相談所」の緊急生放送における渡部建と佐々木希の結婚発表のような茶番以外の何物でもない。

 時間が経ってしまってはせっかくの肉体も生かすことはできない。いくらアラフォーにも美女が多いとはいえ、若い方がいいのだ。そこを勘違いしてもらっては困る。小保方は世界における日本の信用を血に落とした売女である。売女ならば売女らしい行動で一刻も早く脱ぐ覚悟を決めたほうがいいだろう。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

反中のために漢文の授業は廃止すべきである





 中国は敵国である。日本を侵略するために虎視眈々と狙っている。そして合法的な形でスパイを送り込んで犯罪を起こし日本をかく乱している。中国の存在は百害あって一利なしであろう。そのためにも教育現場で行われている漢文の授業は辞めるべきである。

 これは日本が中国の影響を歴史的に受けてきたことに由来している。中国からの文化を受けたことで漠然とした憧れをDNAレベルで得るようになってしまったのである。だからこそここでいったんリセットをする必要があるのだ。その一番簡単な方法が教育での中国の影響をシャットアウトすることである。

 これは私の経験になるが、漢文など何の意味があるのかさっぱりわからなかったのだ。私が理系というのもあるが、漢文は人生の役に立たなかったことだけは胸を張って言える。入試にも使わなかったし、無駄なのであるというのは誰の目にも明らかだし、何よりも愛国心を失わせるものだ。だから漢文は日本には必要ない。

 これは私のオリジナルではなく、百田尚樹氏の意見だが、私も全く同じ感想だ。「何をむちゃくちゃな」と思う人もいるだろうが、それくらいの荒療治をしないといけないのだ。教育勅語の大切さや、愛国心を育てるのも大変重要であるが、敵国の影響を遮断する教育も同じくらい重要である。
タグ:中国
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

少女像に精子をかけようとする日本人がいると思っている筒井康隆はボケ老人である





 従軍慰安婦問題で日本に帰っていた長嶺駐韓大使が帰任した。しかしこの時期の帰任は韓国に慰安婦像を容認させる危険性がある。安倍首相のことだから当然何らかの考えがあってのことだが、不安になってしまう。

 そんな中作家の筒井康隆がこのようなツイートをした。消されてしまったので画像で載せておこう。

筒井.jpg

 韓国をバカにするという意味ではいい内容なのかもしれない。しかし言っていることは支離滅裂だ。そもそも少女像のもとになった慰安婦は勝手に戦場についていった売春婦であり、日本軍に非はないことが証明されている。つまり嘘つきの犯罪者である。そんな犯罪者に可愛いということが間違っているのだ。

 しかも恐ろしいのが射精しようという発言。可愛くもない対象物であり、しかも銅像である。生身の人間ではないし、仮にそうであったとしても韓国人という汚れた存在。韓国人に対して性的に興奮すること自体がもはや変態である。したがって薄汚れた韓国人の銅像に射精という二重の意味で変態的行為を行えというのだ。日本人にそんな変態などいない!

 つまり筒井は絶対にありえないようなことを呼びかけ、日本人を変態扱いしてやろうという算段なのだ。筒井はよくてボケ、悪ければ愛国者のふりをした売国奴ということになる。どちらにしても作家としてはもはや失格であろう。従軍慰安婦の虚構を広めるのにわけのわからない変態行為はいらない、正々堂々と戦って叱るべきなのだ。

 筒井康隆は作家だが、このような人物の書物は焚書坑儒する必要があるだろう。どうせボケ老人には今更自作の小説など理解はできまいから本を焼いて作家としての屈辱を与えるのがふさわしいということだ。
タグ:従軍慰安婦
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

今村復興大臣を怒らせたのは活動家であった





 今村復興大臣が記者会見で激怒した件が話題になっている。



 福島第1原発の避難住民に関する内容で「フリージャーナリスト」が質問をしてその内容に怒ったものだった。今村大臣は自己責任の大切さを述べただけであり問題でも何でもないのにこのフリージャーナリストがいちゃもんをつけたのだ。しかしいちゃもんをつけたのは当然だろう、なぜならばこの男は活動家だったのだ。

 この活動家の名前は西中誠一郎という名前だが、国を相手に特定秘密保護法違憲訴訟の原告団に参加して、他にも反原発や戦後補償や朝鮮学校で日本政府を批判する活動してる活動家であることがはんめいしたのだ。




 すでに西中についてはこれだけまとめられている。国民に知られるのは時間の問題であろう。自民党の大臣を侮辱するのは殺人罪に匹敵する滞在。籠池に対して毅然と対処したように西中に対しても毅然として対応をしなければいけない。

 震災も6年がたった。もう国ができることもあまりないだろう。ここで自己責任の精神でもって地元民がしっかりと考える時期に来ているということだ。そんなわけで今村大臣は決して間違っておらず、今村大臣を怒らせる大変失礼なことをする活動家こそ一番悪いのである。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

ベトナムにおける日本のイメージが悪くならないよう、犯人は外国人にするべきである





 利根川の河川敷でベトナム国籍の9歳の少女が殺された事件。遺体がベトナムに無言の帰国をした。わずか9歳で失われた命。しかも異国の地でだ。いくら日本語が理解できてたとはいえ大変寂しい話である。この事件で私が危惧するのはベトナムで日本のイメージが悪くなってしまうのでは?ということだ。

 もしも韓国や中国で日本人が殺されたとなったらどうだろうか?そう考えれば容易に想像がつくというものだろう。だからせめて犯人は日本人であってほしくないというのが人情というものだろう。日本で殺されただけでも日本のイメージが悪くなるのに、殺したのが日本人ならなおさら悪くなってしまうだろう。

 だからこそ犯人は外国人でなくてはならない。本当ならば在日の仕業にしてしまえばいいのだが、反日マスゴミは在日を日本人扱いしてしまうのが目に見えている。だからこそ外国籍の人間にしないといけない。創始て少しでも日本のイメージダウンを食い止めなければいけない。

 最後に、殺人事件が起きて一番の被害者は殺されて少女である。まずは彼女の冥福を祈りたい。そして犯人を必ず捕まえて日本の民度の高さを世界中に示さなければならないだろう。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

パンのみならず肉や牛乳もとらないで心身ともに健康になろう





 小学校の道徳教科書に使われる内容にパン屋の記述が和菓子屋に変わったとして話題になっている。この変更は何ら間違ってはいない。そう、パン屋は危険なのだ。と、いうのもパンは健康に問題があるのだ。もちろん悪いのはパンだけではない。実は牛乳や肉も問題なのである。だからこそ日本人は正しい食生活に戻るべきなのだ。

 牛乳はモー毒? (カン・ジン・カナメの健康教室) -
牛乳はモー毒? (カン・ジン・カナメの健康教室) -

白砂糖は魔薬!? (カン・ジン・カナメの健康教室) -
白砂糖は魔薬!? (カン・ジン・カナメの健康教室) -
肉はあぶない? (カン・ジン・カナメの健康教室) -
肉はあぶない? (カン・ジン・カナメの健康教室) - ごはんはえらい! (カン・ジン・カナメの健康教室) -
ごはんはえらい! (カン・ジン・カナメの健康教室) -

 パンよりもご飯を食べるべきなのだ。ご飯を食べると健康的になる。だから道徳教科書にパン屋の記述を消したのは正しいとわかるのだ。道徳とはすなわち心の健康を育てる行為に他ならないからだ。パン・牛乳・肉・白砂糖は危険なので食べてはいけないのである。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

大阪桐蔭が見事に森友学園に正義の鉄槌を下したのである。





 第89回選抜高校野球大会は大阪桐蔭が履正社を破り5年ぶりの優勝を果たした。これで大阪桐蔭はこの10年で5回の優勝。まさに最強と言っていい。しかも今年は下級生にも大物がたくさんおり、春夏連覇はおろか4期連続優勝も確定したと言っていいだろう。もしそうならなかったら天変地異が起きると断言できてしまうほどだ。

 さて、大阪桐蔭の優勝で終わった大会だが、決勝はご存知の通り履正社との大阪対決だった。大阪同士では初めて、他の都道府県を含めても45年ぶりの珍事であった。それだけでもすごいことだが、さらに大阪桐蔭は知らないうちに大阪に貢献していたのである。

 実は履正社は大阪の豊中市にある。(ちなみに大阪桐蔭は大東市にある。)さて、豊中と言えば何があるだろうか?そう、森友学園が作ろうとしていた瑞穂の國記念小學院である。幸いにもこの小学校が建設されることがなかったが、開校していたら恐ろしいことになっていたのは間違いない。

 森友学園が経営する塚本幼稚園は教育勅語を児童に暗唱させることで有名な幼稚園である。それだけならば何も問題ないどころか非常に愛国的といえるだろう。しかし実際にやっていることは安倍首相にしつこいと言わしめるぐらいの問題行為のオンパレードである。事実、森友学園前理事長の籠池泰典(通名)は左翼のスパイであることが判明している。したがって塚本幼稚園も愛国心の名のもとに反日行為を行うトンデモ幼稚園なのだ。

 そんなわけで豊中市には正義の鉄槌を与えなくてはいけなかった。もしも履正社が優勝したら豊中市民は森友学園を忘れてしまうからだ。そういう意味で本当に大阪桐蔭は勝ってくれたと思う。これからも履正社を夏で倒して4期連続優勝を達成してほしい。いや、欲しいはおかしい。確実に優勝するからだ。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

無職になりました





 今日から4月1日、新年度です。新社会人が多く出る中で私は昨日付で退職をしました。一応言っておきますが、クビになったわけではありません。円満退職です。理由はいろいろとありますが、最近仕事が忙しくなりゆっくり休める時間がとれなくなってました。ブログを書くのにも時間が取れなくてついつい手を抜いてしまうこともありました。

 もちろんブログのために辞めるわけではないですが、ちょっと体調も昔と比べて悪くなり(もちろん生活保護に頼る必要はない)、体力も落ちてきた(セックスをする体力には自信があります)のは大きかったので少し休んで英気を養おうと思います。今までの貯金もあるので少し休んで再就職しようと思います。この年でいい仕事がなければフリーターでもいいかなとも思ってます。ともかくまずは気分転換です。

 とはいえ愛国心はいつまでも変わらず持ちづづけます。日本を守るためには軍事だけではなく日本人の心構えも重要。私のブログが日本を守るための一助になっていると確信しているからです。これからも敵を叩き、愛国心を煽り、美しい文章を書いてこのブログを読んだ読者が「日本人でよかった」と思えるようになっていきたいです。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

高校野球決勝予想〜勝敗を決めるのは実力ではない。





 第89回選抜高校野球大会の準決勝が行われ、決勝は履正社と大阪桐蔭という史上初の大阪対決となった。準決勝での予想は見事的中したわけだが、適当に予想しても25%の確率で当たるのだから大したことではないと自分では考えている。

 履正社は準決勝以外はどの試合も危なげなく勝ち進んだ。準決勝は9回に逆転という危うい内容だったが、点をとらせない試合を展開してきた。一方の大阪桐蔭は強打で大量得点で勝ち上がってきた。試合が進むにつれて得点は減っていったが、逆に試合を経るごとに上手さが出てきた。

 どちらが勝ってもおかしくはない。履正社が近畿地区優勝校だが、大阪桐蔭との直接対決はなかった。そもそも大阪府の大会はどちらも優勝していない。そう考えると戦力の比較では無理がある。そこで戦力以外の面で考えた方が圧倒的に早い。

 実はスポーツの短期決戦において勝敗を一番決めるのは実力ではないのだ。実力以上に勝敗を左右するものはジンクスである。ジンクスで考えればすべて予想がつくのである。特に高校野球は日本の、いや世界のスポーツでも有数のジンクスが勝敗を決める要素が強い競技である。それで考えれば優勝するのは大阪桐蔭となる。

 実は大阪桐蔭は決勝戦での敗戦がない。一方の履正社は優勝経験がない。高校野球では優勝経験のある学校の方が強い傾向がある。そう考えれば大阪桐蔭優勝が論理的に導かれることになる。スコアがどうなるかはわからない。しかしスコアは関係ない。どうあがいても大阪桐蔭の優勝だ。
タグ:高校野球
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

自己責任にしてこそ海外で生きる力がつくようになる





 旅行会社のてるみくらぶが破産した。ここを利用して海外にいるのが2500人もいるという。その際に自力で帰ってくるようにという話になった。流れを考えればそれはやむを得ないだろう。ひどいという声もあるがそれは違う。そもそもこのてるみくらぶは格安旅行会社だったのだ。安いからには何らかの理由があるはず。これはまさに自己責任なのだ。

 自分の命は自分の力で守るというのは鉄則だ。私には海外に行ってるにも関わらず国に助けてもらおうという考えが全く理解できない。日本人が海外に出ても日本に対して泣き言を言わないのが日本人としての美徳なのだ。だから海外で何かあっても助けてもらおうと考えるな、自分で何とかしろ!と言いたい。

 それにこれはチャンスでもある。もしも海外で取り残されても自力で日本に帰るためには必然的に考えることになろう。そうなれば生きる力が必然的につくのだ。つまり自己責任によって生命力をつけることが可能になる。これこそ日本人に求められることではないか。

 甘えていたところで何も始まらない。災い転じて福をなすを自らの力で具現化して自己責任のすばらしさを体感すべきである。国に助けを求めるよりも国に頼らず散ることの方がよほど美しいのである。
posted by 愛国 at 05:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする