検索
 

2017年06月17日

京産大をFランク大学に認定すれば加計学園は何の問題もなくなる





 加計学園の獣医学部新設を巡る問題で文科省の再調査で「総理の意向」などと書かれた14の文書について存在を確認された。これをもって安倍首相の潔白が改めて証明されたわけだが、パヨクどもは安倍政権に問題があるとして盛んに攻撃をまだまだ仕掛けてくる。まるでテロリストのように。その根拠の一つとして奴らが挙げているのが、京都産業大学も手を挙げていたのにあとから理由をつけて落としたのではないかということだ。

 しかし京産大の計画はずさんなもので最初は紙1枚しか出してこなかったそうだ。その後計画書はちゃんと出したとはいえ失礼なやり方であり、とても新規に学部を作るような大学ではないことを証明してしまったのだ。




 しかし国民の京産大のイメージは悪くなる気配はない。これももともと偏差値が一応高いことも影響しているのだろう。私は日本で一番強固なブランドは学校のブランドだと痛感せざるをえなくなった。このままでは非常にまずいだろう。そこで京産大をFランク大学にする必要があるのだ。

 マスコミは京産大がいかに頭の悪いことをやっているかを宣伝するべきだ。もしくは閣議で京産大をFランク大学に認定してやってもいい。そもそも京産大という名前が共産党と同じ発音で共産党とのつながりを深くうかがわせるものだ。このような反日大学には正義の鉄槌を下さなければならない。

 とにかく京産大はその名前から強烈な野党系である。だからこそ妨害工作を行うのは愛国者として当然賛成だ。加計学園、ひいては安倍政権が何の問題もないことを天下に知らしめるためには京産大がいかに頭が悪く、研究に値しない大学であるかを認定する必要があるのだ。
タグ:加計学園
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

テロ等準備罪で日本の敵をどんどん捕まえよう





 共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する法改正が参院で可決した。すでに衆院でも可決されたことにより、見事に成立したのである。これで日本はテロが防げることになりより安全になる。とはいえせっかく作った法律だからテロ摘発はしたいと思えるのも人情。だからといってテロを期待するのは本末転倒だ。そこでテロ組織を作ってしまえばいいのだ。

 もちろん安倍政権は自作自演のテロを起こせという意味ではない。反対していた野党やマスゴミを陥れるために使うべきなのだ。日本のための改正なのに、国会で無駄な時間を費やした野党の罪は非常に重い。したがってこのテロ行為に対して共謀罪第1号を適用すべきなのだ。野党を毛嫌いしている善良な国民も反対者をテロ組織扱いすることには何の異論もないはずだ。

 また、今では加計学園の件でも非常にうるさいことになっている。安倍首相をはじめとして政権や自民党はこの問題で何もおかしいことをしていないのに、朝日新聞は犯罪だとテロ扱いをする。そんなテロ集団にもこの共謀罪で口を封じてしまえばいいのである。

 懸案だった参院での可決も無事成立した。これで安倍政権は盤石となる。なぜならば安倍政権に反対するものはテロリストだからだ。それだけ安倍首相は偉大すぎる存在なのだ。もし安倍首相が日本医いなかったら間違いなく中国が侵略していたであろう。本当に安倍首相の偉大な政治力によって日本人は幸福を享受できているのである。

 テロは防げて、政敵も弾圧できる共謀罪はまさに一石二鳥である。日本を敵から守るためにも絶対にこの共謀罪は必要なのであると訴え続けてきたが夢がかなって私は満足している。今度お祝いのパーティーでもして仲間とともにこの慶事を喜びたい。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

勝利の女神と名乗るからには負けたときには責任を取るべきだろう





 「勝利の女神」という言葉がある。つまり勝利をした場合はその人物(女性)のおかげということだ。現代日本にも勝利の女神と目される人物は自薦他薦含めれば星の数だけいる。しかし勝利の女神がいるにもかかわらず負けてしまうことがあるのはどういうことか?それは本来は意味がないものではないかとなってしまうのだ。

 もちろん自分は勝利の女神でないと思っているのに、周りからチヤホヤされて勝利の女神に祭り上げられたということはあるだろう。しかし自分で勝利の女神を名乗るのならば話は別だ。そういう場合は勝利に貢献しなかったら女神を自称した責任を取るべきなのだ。そう、脱ぐのである。

 古代ギリシャのミロのビーナス像を見ればわかるが、女神と裸は切っても切れないもの。したがって女神の責任は美しい裸体を魅せることによってのみ成し遂げられるものなのだ。なので脱ぐ気概のない女に女神を名乗る資格はないといえるだろう。勝利は何の見返りもなく得られるものではない。勝利のためには美しい身体を要求されるのである。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

内部告発者を処分するのは当たり前だ





 加計学園の獣医学部新設計画を巡り文科省の人間が安倍首相を悪人扱いするような文書を内部告発した件について、義家副文科相が内部告発者は処分される可能性があることを明らかにした。当然だろう。国家公務員が国家を揺るがすよなことをしてはいけないからだ。そもそも今回の件はそれ以上の裏がある。

 加計学園の件については非常にマスゴミの偏向が目立つ。何の問題もないことがはっきりしているのに、安倍政権を憎む連中が勝手に捏造しているのだ。しかもそこに天下りで処分された官僚も関わっていたのだから偏向と言わずになんというかである。だからこそ今回の内部告発は悪の内部告発なのである。

 政権に逆らう所業は国家反逆である。しかも安倍首相は愛国者中の愛国者、なので安倍政権を守るためならばたとえ犯罪行為であったとしても守るのが当然ではないか!安倍政権に逆らうことは殺人よりも罪が深いのだ。だから内部告発者は処分されて当然なのだ。

 内部告発は卑怯である。これを否定するものは犯罪をしてもいいという千眼をしたと言っていいだろう。日本を良くしていくにはこういう卑怯者を粛清して公開処刑できるようではないといけない。こういうことを書くと不謹慎かもしれないが、北朝鮮を見習って残虐な死刑を選択することも重要だろう。
タグ:加計学園
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

やはり一橋大学はFランク大学だ





 その一橋大学の学園祭で日本を代表する愛国作家の百田尚樹氏が講演を潰されてしまった件で百田氏本人が手記を公開した。そこには百田氏は受けた屈辱がありありと書かれていた。このひどさに私も涙してしまったほどだ。言うまでもないが日本には言論の自由がある。百田氏は犯罪予告をしたわけではないし、名誉棄損もしてはいない。にもかかわらず言論の場を百田氏から奪ったのである。それなら初めから呼ぶなということだ。そういう意味で一橋大学の実行委員会の頭の悪さを本気で心配せざるを得ない。

 一橋大学は受験生には難関大学とみられているが、実際にはそうじゃないということだ。事実偏差値28でも一橋には入れることが判明したのである。あの反日組織SEALDsの奥田愛基が一橋の大学院にいるのだ。奥田の偏差値は28だったというのが判明している。そんな人物が一橋には入れるということは一橋大学がFランク大学という何よりの証拠ではないか。

 もはや一橋大は三流どころか超がつくほどのFランク大学となった。こんな大学に行ったら頭がおかしくなることは請け合いだろう。一橋を再生する方法はただ一つ。百田氏に今回の言論弾圧の件を謝罪して、百田氏を学長に据えて学内改革を行うしかないだろう。
タグ:百田尚樹
posted by 愛国 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

イギリス総選挙についての所感





 国民投票でEU離脱を決定したイギリスで総選挙が行われて、与党・保守党は第1党になったが過半数を割り込んでしまった。別にEU離脱をしようがしまいが日本にはそんなに関係ないだろうし、ましてや私個人にはもっと関係ないのでよくわからないところがあるのだが、これでメイ首相が辞任なんてことがあれば日本にもメリットはあるのではないだろうかと思う。

 もしも保守党が大勝したらメイ首相は当然続投だろう。それはいいがそうなるとメイ首相の権力が強くなる。ひいてはイギリスが存在感を見せることになるのだ。そうすると安倍首相には都合が悪い。安倍首相こそ世界に名だたるリーダーなのに、存在感がかすんでしまうからだ。メイ首相の就任直後はEU離脱の件で注目が集まるのは当然だから全然問題がなかったが、常時強いトップが出てしまっては安倍首相の世界での存在感がかすんでしまう。

 トランプ大統領は弾劾で身の上が危ないし、フランスのマクロン大統領もまだまだなり立てである。ロシアのプーチンとは安倍首相は完全に互角以上に渡り合ったし、中国の習近平では話にならない。日本の安倍首相がトップだったのだ。イギリスがもしかしたら安倍首相の座を脅かすかと思ったが、その心配は亡くなった。そういう意味でメリットは日本にあったのである。

 どうせイギリスはもうヨーロッパの国の1つというイメージしかない。イギリスの没落を利用して日本は再び世界帝国にのし上がるのだ。そしてそれを成し遂げられるのは安倍首相しかいない!
タグ:イギリス
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

出場を確実なものにするためにも靖国神社の参拝をしよう





 サッカーワールドカップのアジア最終予選でオーストラリアがサウジアラビアに勝利した。この結果、両国と日本が勝ち点16で並ぶ状況となった。他国の状況から見て3位以上はほぼ確実と言っていいだろう。しかし、楽ができるのは2位以内に入ることが条件。次のイラク戦で負けてしまったら一気に日本が不利になってしまうだろう。だからこそ靖国神社へ参拝をして勝利を祈願するべきなのだ。

 靖国神社は大東亜戦争のみならず、それ以前の戦争で亡くなった兵士を祀っている。ワールドカップも戦争の一種と考えれば、靖国参拝で勝利祈願をするのは当然のことと言えるだろう。もしそれを怠ったのならば英霊が怒って勝たせないこともも当たり前だろう。

 日本サッカー協会は上層部はもちろん、監督選手とともに集団で靖国神社に参拝して今後の試合の勝利の祈願を行うべきである。仮にスポンサーやサポーターを敵に回しても何も恐れることはない。しかし靖国の英霊は別だ。英霊を敵に回したら霊的な理由で試合に勝つどころか、英霊の呪いによる命の危険性もあることを認識すべきである。
 
 国民はワールドカップの出場を望んでいる。そのためにも国が一体となって選手たちを支援するのは当然だろう。その一番効果的な方法が霊的な方法なのだ。だから靖国参拝は絶対に重要なのだ。
posted by 愛国 at 05:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

日本も中東諸国を見習おう





 中東のサウジアラビアやエジプトなどの数か国がカタールとの断交を表明した。断交の理由はカタールがテロ組織と通じているからというが、これにはカタールがイランと手を組んでいるということも関係しているようだ。だがそんなことはどうでもいい、重要なのは日本もこの件から学ぶことだ。そう、日本も中韓と断交すべきなのだ。

 中韓とも反日国家であり、こんな国と付き合うのは国民の精神衛生上からも大問題だ。したがってサッサと断交をして国民の健康を増進する必要がある。例えば韓国は従軍慰安婦で常日頃から問題を蒸し返してくる。解決したにもかかわらずにだ。もちろん中国も同様だ。両国ともゆすたかりを国技とする野蛮国家である。

 とはいえ日本に非がないように仕向けなければならないのは当然だろう。今回の件はテロ組織を支援したことが直接の要員である。したがって日本も中韓がテロ組織を支援したと仕向ければいいのだ。もちろん、やらせとかは必要ない。現地の中国人や韓国人にデマを流してけしかけてやればいいだけだ。奴らはバカだから即座に騙されて行動を起こしてくれるだろう。

 愛国者にとって中韓断交は悲願、これが成就すれば死んでもいいという愛国者もたくさんいるのだ。だからこそ安倍政権は中東の状況から日本の行く道を示してほしい。そして両国に宣戦布告をすれば世界中が応援するだろう。それこそ中東各国やイスラム国でさえも日本を応援してくれるはずである。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

天安門事件は日本で起きれば愛国的で何の問題もなかった





 昨日6月4日は中国の天安門事件で史上まれに見る大虐殺事件・天安門事件が起きた日である。詳しい実数は不明だが、数万人単位で殺されたのは確実だと言われている。つまり南京で虐殺が起きたとされる南京事件とうり二つなのだ。しかも南京事件は捏造と来ているから天安門事件がいかに突出した悪行かがわかるということだ。

 さて、なぜ天安門事件がここまで批判されるのか?それは中国が民度の低いくいだからである。中国は特定アジアの一角として世界中の恨みを買っている。まさに絵にかいたような極悪非道の国家だ。つまり日本で天安門事件が起きれば何の問題もなかったのである。

 もしも日本で同様のことが起きる状況があったとしよう。そうなればデモの主体は反日左翼。安保法案や共謀罪や加計学園のデモの件を考えれば安倍首相が嫌いで頭がおかしくなったバカどもしか参加していないことになる。そんな連中は息をしているだけで百害、いや千害あって一利なしの存在。殺されても国民は大喜びするだろう。だから日本で天安門事件がおきれば愛国的な虐殺だったのである。

 日本は偉大な国だ。だから問題のある反日要員を虐殺することも愛国的な虐殺で奨励されるのである。もちろん虐殺を起こしていいのは自民党政権の時だけであることは言うまでもないだろう。民主党政権ではデモを起こす方が愛国者なのだから。
タグ:中国
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

百田尚樹氏を言論弾圧する一橋大学を許すな!





 一橋大学といえば石原慎太郎元東京都知事も卒業した日本を代表する文系の名門大学である。その一橋大学の学園祭で日本を代表する愛国作家の百田尚樹氏が講演をする予定であった。しかし開催直前になって中止になったのである。しかもその理由が講演会が学園祭の理念に沿わないからという身勝手なもの。百田氏もツイッターで述べているが、まさに言論弾圧と言っていいだろう。




 日本には言論の自由がある。百田氏は犯罪予告をしたわけではないし、名誉棄損もしてはいない。にもかかわらず言論の場を百田氏から奪ったのである。それなら初めから呼ぶなということだ。そういう意味で一橋大学の実行委員会の頭の悪さを本気で心配せざるを得ない。

 そもそも言論弾圧が許されるのは反日売国奴を叩く場合である。百田氏はもちろん反日売国奴ではない。それどころか日本有数の愛国者として普通の国民からは尊敬されてすらいる。したがって百田氏が言論弾圧をする分には愛国的なので許されるが、百田氏を弾圧するのは死に等しい犯罪というわけだ。

 一橋大学は名門なので頭がよくないと入れないのだろうが、実際にやっていることはバカ丸出しである。こんな横暴を認めては三流大学になるのは時間の問題だろう。今こそ一橋大学は百田氏に謝罪をして、実行委員会の学生を退学処分にして、百田氏を学校の理事に迎え入れるべきであろう。そうしなければ誠意を見せたことにならない。そしてそれができるかどうかで一橋大学の将来が決まると言っていいだろう。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする