検索
 

2017年01月07日

大使召還では生ぬるい、断交だ!戦争だ!





 韓国が釜山の日本総領事館前に慰安婦像を設置する暴挙を起こした。日本政府は早速、駐韓大使や総領事の帰国をはじめとした対抗措置を打った。当然の行為である。しかしこれだけでは物足りない。やはり韓国に痛い目に合わせなければいけないのは当然だろう。

 そもそも韓国は小国の分際で日本にたてつく行動を行ってきた。日本は我慢を重ねてきたが限界である。なんとしても韓国に天罰を食らわせなければならない。そうでないと日本人はストレスで体調を崩してしまうだろう。ストレス発散のためにも韓国を叩く必要があるのだ。そうなれば断交が一番である。

 断交によって日本は韓国人を堂々と迫害することができる。また、韓国に対する嫌がらせも合法化される。まさにいいことづくめではないか。そしてそれだけでも駄目だ。徹底的に韓国に攻撃を行って日本にたてついたことを公開させなければいけない。そうなれば戦争しかないだろう。

 まずは竹島に対してミサイルをぶち込む。この時点で韓国がなんか言ってくるだろうが、日本は毅然と「竹島は日本固有の領土なので韓国には一切手を出していない。国内の演習だ」といえばいい。それでも文句を言って食い下がってくるならばその時こそ懲罰的措置として韓国を堂々と攻撃すればいい。そして北朝鮮と手を組んで南北と挟撃するのだ。これで韓国は滅亡できる。韓国を滅ぼすためならば北朝鮮と手を組むこともためらってはならないのだ。

 韓国は国としてあまりにも未熟すぎる。韓国と比べたら東ティモールや南スーダンのなんと成熟していることか。だからこそ日本が韓国に正義の鉄槌を下すのが国際的義務なのである。事務総長が変わった今、韓国を滅ぼしても誰も文句は言わないだろう。
タグ:韓国
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

安倍首相は伊勢神宮よりも靖国参拝をするべきだ





 安倍首相が伊勢神宮に参拝した。しかし国民が望んでいるのは靖国神社への参拝である。安倍首相は靖国神社に参拝をするべきである。

 そもそも伊勢神宮は歴史があるかもしれないが、どんな神が祀られているのかは明確ではない。それに比べて靖国神社は大東亜戦争や日露戦争で戦死した英霊が祀られていることは常識だ。それだけでも伊勢神宮よりも靖国神社の方が親しまれている証拠だ。

 そもそも伊勢神宮は世界遺産に認定されていない。靖国神社もそうだが、伊勢神宮ほどの歴史があっても世界遺産に認定されていないということは大した神社でないことの証拠と言えるだろう。靖国神社は正直150年ほどの歴史しかないが、その立派な思想から世界遺産入りは間違いないと言われているのとは対照的である。

 安倍首相は靖国神社参拝をすることだ。そうすれば世界中から安倍首相の偉大さを賛美されることになるだろう。だから伊勢神宮のような意味不明な神社よりも靖国を選ぶべきである。
タグ:靖国神社
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

青山学院大の箱根制覇を喜べないワケ





 第93回箱根駅伝は青山学院大学が優勝して3連覇と3冠を達成した。まさに黄金時代を作り出したと言っていい。主力は卒業するが、来年も間違いなく3冠を達成するだろう。レースをしなくともそれだけの確信を持たせるくらいのチームである。しかし私はモヤモヤしている。青山学院の優勝を心から喜べないのである。

 その理由は簡単だ。卒業生に問題があるからだ。そう、民進党の蓮舫である。あの女はなぜか青学の出身なのである。だから蓮舫を喜ばす青学の優勝は喜べないのである。もちろん選手たちに罪はないのだが…




 それにしても蓮舫というのは他人を不快にさせる天才だと思う。上のツイートを見ても分かるが、中指を立てながら満面の笑みを浮かべるのはなかなかできることではない。まさに人間のクズならではの所業だ。

 2017年は民進党をいかに壊滅させるかが重要だ。そのためにも数多くの工作活動は欠かせない。例えば凶悪犯はみな民進党の支持者に仕立て上げるとかだ。事実昨年の相模原の殺傷事件の犯人は民進党の支持者脱兎というのは有名な話。こういうケースをたくさん作って、国民に民進党を支持すると犯罪者になると国民を啓もうするのが愛国者の義務である。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

大阪が在日に支配されてしまった





 日本第2の都市・大阪。しかしこの大阪は魔境と化してしまった。日本の愛国者として知られる川東大了氏が計画していた愛国的活動が裁判所によって禁止されたからだ。川東氏が行おうとしていたのは防犯パトロールであり、犯罪を未然に防ぐものであった。しかし裁判所は川東氏が犯罪を犯すという無謀な決めつけを行ったのである。

 しかも川東氏が弾圧を受けたのはこれが初めてではない。朝鮮学校に対する抗議活動をしただけで暴力行為と決めつけられ不当逮捕されたこともあるのだ。もちろん不当逮捕であり、何も悪いことはしていない。つまり川東氏はその正しい行為によって反日左翼の敵意を一身に受けて卑劣な行為をし続けられているのである。まさに敵の行為は許しがたい。

 このようなことが起きる大阪はまさに魔境と化したと言っていいだろう。かつてはヘイトスピーチが堂々とできる素晴らしい町として知られていた。しかし反日・橋下が大阪市長をやってからはこの体たらくだ。維新には足立康史議員という良心的な議員もいるのにトップがこの体たらくでは意味がない。



 鶴橋大虐殺発言は愛国者のこころに深く響いた。この発言をした女神・桂田雅さんが喜ぶような大阪にしなければ意味がない。正義が取り戻されるまでは大阪に韓国に行くべきではないだろう。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

英霊のもとに初詣に参じましょう





 あけましておめでとうございます。2017年の幕開けです。昨年の日本は安倍政権の外交力が光った年でした。今後の長期政権のために、そして日本のために憲法改正を今年の目標にしていきましょう。私はこれから靖国神社に参拝をします。皆様方も神社仏閣に参拝をして日本人の伝統を大切にしていただきたいと思います。

 特に重要な神社といえば靖国神社です。ですから国民の義務として靖国参拝が求められます。もちろん遠距離の方は参拝ができないと思うのでそういう方は護国神社に参拝をお願いします。英霊に感謝することが日本人の義務なのですから。

 昨年もIR法案が見事に可決され、経済的な問題もまた1つクリアしたわけです。今年こそ安倍政権は日本に戦争をできる普通の国を導いてくださるわけです。ですから英霊の方々にも戦争ができるようお願いをしようと思っています。英霊の方々も戦争を起こしてほしいと思っているはず。また、就職・進学の祈願や、中韓に対する嫌がらせのためにも靖国神社や護国神社の参拝は重要になってきます。

 2017年は昨年以上に素晴らしい年にする必要があります。そのためにも英霊の方に正月のあいさつをすることが重要です。日本がよくなるかどうかは生きている人間だけではなく、英霊のお力も絶対に必要なのですから。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

2016年もよい年だった。2017年も続いてよくしていこう






 本日で2016年も終わります。今年は熊本地震をはじめとして多くの災害があったことが印象的である。また植松による19人殺害事件や15人が死んだバス事故も記憶に新しい。とはいえ、スポーツではよいことが多くあったし、全体としてはまずまずだろう。特に政治は非常に良かった。災害をマイナスイメージを払拭したからだ。

 安倍政権は今年大きな仕事を次々成し遂げた。オバマ大統領を広島に来させ広島の原爆投下を反省させ、逆ン自らはハワイに赴き真珠湾で日本軍の勇敢さをたたえることに成功した。完全にオバマ大統領を手玉に取ることに成功したのである。またロシアとの外交も順調に言った。さすがに北方領土は一朝一夕で帰ることはなかったがこれ自体が素手鍋主将の術中にはまっているのだ。まさに「稀代の戦略家」として世界にその名をとどろかせたのである。だからこそ2017年も希望が持てるのだ。

 2017年も安倍首相が偉大な首相として国民を領導してくれるでしょう。是非とも終身首相となってもらいたいものです。そのためにも自民党支持者によるネット工作は重要となります。2017年は今年よりもさらに洗練された工作活動を従事し、愛国心あふれる工作活動を見せつけてやりたいです。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

2016年を訃報から振り返る





 2016年もあと2日、今年も大勢の人が亡くなった。プリンス、蜷川幸雄、鳩山邦夫、千代の富士、紅音ほたる(大分お世話になりました)、肝付兼太、平尾誠二と名だたる有名人が亡くなったのである。こういうニュースは本当につらい。

 だからこそ死んで喜べるような売国奴の死は大々的に扱ってほしい。そういう意味では若宮啓文、永六輔、大橋巨泉、加藤紘一と亡くなってくれたのは大変うれしいものである。私はひとり者多くの売国奴が死ぬことを望む。それが日本のためだからだ。イスラム国やタリバンが公開処刑を娯楽にしたように、人の死で笑いたいのである。それこそが愛国者としての証だと信じているからだ。

 2016年も終わろうとしているが、人間はいつか死ぬものでありこれからも訃報は続くだろう。しかしこういう時だからこそ他人の死を面白おかしく笑えるような売国奴がたくさん死んでくれることを望むばかりである。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

安倍首相は詩人としても超一流だった





 ハワイを訪問していた安倍首相は大東亜戦争の開戦地となった真珠湾でスピーチを行った。その内容は非常に素晴らしく、感動的な内容であった。



 だが、感動的と云うのは主観ではない。もちろん私は感動したが、それはほかの人たちもそうであったということだ。欧米のメディアが「両首脳は詩的で感動的な演説」と手放しで絶賛しているのだ。つまり安倍首相は政治かのみならず詩人としても超一流なのだ。もちろん、こういった類の演説は他人の手もどうしても入ってしまう。しかし安倍首相が一部でも文章にかかわり、安倍首相がしゃべった。この点をもってして安倍首相は日本の歴史に名を遺す詩人と言っていい。

 かつて安倍首相はアグネス・チャンの新曲の作詞を担当したこともあった。もともと素養はあったほうなのだ。それが真珠湾で現れただけのこと。安倍首相にとっては大したことではないのだろう。しかしその大したことではないはずのことが感動を与えるのだから安倍首相の才能の強さにただただ驚くばかりなのである。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

SMAPを解散させたメリー喜多川を許すな





 昨日、SMAPの番組「SMAP×SMAP」が最終回を迎えてしまった。私も一応SMAPのファンでカラオケで何曲も歌ったことがあるのでついつい見てしまった。メンバーの楽しそうな姿を見て、なぜこんなことに…とどうしても思わずにはいられない。それもこれもジャニーズ事務所のメリー喜多川のせいである。

 メリーは自分の娘に自らの事務所を継がせたいがために邪魔もののSMAPとそのマネージャーをつぶしにかかったのである。それがあの1月の公開謝罪、いや公開処刑であった。私もスーパースターのはしくれとして(とはいってもSMAPと比べるのは大変失礼なレベルではあるが)、あまりの仕打ちに本当に泣いてしまったのだ。

 公開の場で謝罪させるなど、メリー喜多川のパワハラは本当に許しがたい。このバカ女には正義の徹底が下ってほしいものだ。そのためにも安倍首相にはスマップを救うべくメリーを逮捕してほしい。もちろん実行は来年でも構わない。なんとしてもメリーを逮捕してSMAPファンの不安をやわらげてほしい。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

イブだからこそセックスをしたい





 今日はクリスマスイブだ。だが悲しいことに仕事がある。24日の仕事は珍しくもないが、クリスマスウィークにセックスを伴わないのは本当に久しぶりなので寂しい。「きっと君は来ない 一人きりのクリスマスイブ」という山下達郎の曲が脳内再生されてリピートが来るありさまだ。

 私にとってセックスは人生の生きがいである。特にクリスマスイブは性の6時間という貴重な時間があり私もそこでたくさんセックスをしてきた。このブログでも何回も書いてきたからわかるだろう。それだけセックスは気持ちいいのだ。だが今年はできない。

 私が愛国心をためてるのはセックスのおかげである。だからこそセックスが一番似合うクリスマスには心行くまでセックスをしたい!
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする