検索
 

2017年01月14日

瀧本梨絵さんがAVに復帰できるように愛国者は一致団結して応援しよう





 瀧本梨絵さんというAV女優がいる。いや、いたといった方が適切だろう。瀧本さんは12月でAVを引退してしまったのだ。それはひどい扱いをされたことが原因であったという。




 しかし瀧本さんは立派な方で美しく、何よりもセックスが素晴らしいらしい(作品を見たことがないのでこうとしか書けないのが申し訳ない)。だからこそ瀧本さんにはAV女優として復帰してほしい。これは私だけではなく、多くの愛国者も同じことを思っているだろう。

 私がなぜ一介のAV女優を応援するのか?実は瀧本さんの正体はチャンネル桜主催の街頭演説にも登場した「ゆうき撫子」さんなのである。



 愛国者とAV女優という女性にとって最高の栄誉を二重にもっている瀧本さん。だが、まさかの状況となってしまいせっかく夢をかなえたAV女優の座を失うことになってしまった。これは大変悲しいことだ。だからこそ愛国者が一致団結して瀧本さんをAV女優として活躍できるように応援していくことが求められるのだ。そして夢がなかった際には愛国AVを是非とも作って愛国者を喜ばせるような偉大なAVを作ってもらいたい。

 愛国者とわかった以上、私は瀧本梨絵さんの大ファンになる!瀧本さん、あなたのセックスを私がみたい。それは私以外の愛国者も同じである。絶対にAV女優に復帰して、気持ちの良いセックスを見せてください!
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

日本政府もトランプ大統領を見習おう





 トランプ時期アメリカ大統領が当選後初の記者会見を行ったが、そこで自らに対して批判的なメディアに「質問はさせない。君たちは虚偽ニュースだ」と相手を封じる行動をとった。これは大変に良いことだとおもう。日本政府も早速実践すべきだろう。

 トランプ氏に批判されたCNNやバズフィードが本当にデタラメな虚偽ニュースかはわからない。だが、日本にはそれ以上に大嘘つきなメディアがたくさん存在する。朝日新聞、毎日新聞、TBS、日刊ゲンダイ、フジテレビがそうだ。とくにこの5社はそのグループ企業まで大嘘つきの連中ということが知られている。つまり日本はウソツキがメディアを支配しているのだ。

 だからこそ日本政府もこのような嘘つきに対しては徹底的にトランプ流で対応すればいい。どうせ、どのようなことを言っても自らの都合のいいようにするのが目に見えているのだから、会見しようがしまいが同じこと。あんな連中は相手にする必要はないのである。

 日本には産経新聞という素ばらしいメディアがある。だから安倍政権は産経新聞にのみ真実を伝え、産経を日本の公式報道機関にすればそれでよい。そうすることで日本も偏向メディアから救われるのである。トランプ大統領は日本にとっても必ず大結果をもたらすであろう。その第一歩が嘘つきマスコミの粛清である。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

韓国人を内部に入れる反日講談社を廃業に追い込もう





 偏向マスゴミが大事件を起こした。講談社の編集者が妻を殺したとして逮捕されたのだ。しかもこの編集者は編集者はなんと韓国籍であるのだ。なぜマスゴミは偏向報道をするのか?この事件がすべてを物語っているといえるだろう。

 さて、今回の事件を起こした講談社だが、数多くの問題行動を起こしてきた。最近では成宮寛貴を引退に追い込んだフライデー(週刊金曜日)の暗躍が知られているが、このフライデーはかつて幸福の科学の大川隆法総裁の名誉を棄損し国民からの壮大な反対運動を起こされたのは記憶に新しい。



 また日本一の反日夕刊紙・日刊ゲンダイも講談社が出版している。つまり講談社は日本一変更した反日出版社だったのだ。だからこそ韓国人が入社できたのだ。こんな講談社はつぶさなければならない。

 幸いにもフライデーに正義の鉄槌を下した幸福の科学はゲンダイのライバルである夕刊フジとは相当仲がいい。フライデーを廃刊に追い込んでその資産を両社で没収すれば誰もが喜ぶハッピーエンドとなる。だからこそ安倍政権は講談社をつぶして今までの反日の罪を問い、徹底的に弾圧を加えるべきだろう。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

新成人よ、立派な大人になろう





 本日9日は成人の日であり、各地で成人式が行われる。成人の日は「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」とある。つまり日本のために必要な人材になることを誓わなければならない。だが、昨今の状況はどうであろうか?見習うべき大人にろくなのがいない状況である。民主党、日教組、在日等々反日売国奴がたくさんいる状況だ。

 だからこそ新成人には、見習うべき人物から学ばなければならない。では誰がいいのか?それはこのブログでよく紹介している人物だ。例えば安倍首相や麻生副総理、田母神俊雄氏、中山成彬氏、西村真悟氏、櫻井よしこ氏、片山さつき氏、高市早苗氏、稲田朋美氏、足立康史氏などだ。やはり大人なのだから立派な人間を見本にするのが当然であろう。

 そして新成人にはぜひ政治に関心を持ってもらいたい。政治に関心を持たないと、民主党政権を産んでしまうことになる。正しい人物から学び、正しい人物に投票をすることが求められる。昨年の時点で選挙権を持っていたならば自民党などのちゃんとした政党に投票をしていないとおかしいということだ。もしもそれ以外に投票していたら日本を破壊する陰謀に加担していることになる。

 日本の将来は日本の若者が作っていく、そのために私も協力したい。私ももう40代だから2,30年後には使い物にならないであろう。とはいえ、少しでも日本のためにこのブログは続けていきたい。このブログは各所で大好評なのだから。自分で言うのもなんだが、人気ブロガーだからこそできることはあるのだ。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

日本会議を罵倒する悪書に天罰が下る





 愛国組織・日本会議に敵意を持つ反日本「日本会議の研究」に問題個所があったとして東京地裁が販売の差し止めを決定した。大変素晴らしい決定である。なぜならば日本会議は大変立派な組織なのに、それを疑わせるような記述があったからだ。そしてそれは裁判所も認めるくらいのひどさだったのだ。

日本会議の研究 (扶桑社新書) -
日本会議の研究 (扶桑社新書) -
(この本をクリックしないでください。仮にクリックをして購入をすると犯罪行為に手を貸してしまいますので)

 このような悪書は焚書坑儒をして言論弾圧をしなければならない。サヨクは常日頃から自分たちの気に入らないことがあると言論弾圧だと騒ぐ。しかし言論弾圧が許されるのは右派・保守・愛国者にのみ許された特権なのだ。だから我々は言論弾圧をしていいのである。もちろん、反日組織に言論弾圧をする資格はない。かつて幸福の科学が講談社に対して行っていたことが21世紀になって再現されている。これは実に心強いことであるし、勇気づけられるものだ。だからこそこういう愛国的行為を大事にしなければならない。




 作者のツイートを見る限り奴はビビっている。負け惜しみしか書いていないからだ。このまま手綱を緩めることなく、もっとビビらせてこんなデタラメな本を出したことを後悔させないようでは日本がダメになってしまうだろう。日本破壊をもくろむテロリストに容赦をしてはいけないのである。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

大使召還では生ぬるい、断交だ!戦争だ!





 韓国が釜山の日本総領事館前に慰安婦像を設置する暴挙を起こした。日本政府は早速、駐韓大使や総領事の帰国をはじめとした対抗措置を打った。当然の行為である。しかしこれだけでは物足りない。やはり韓国に痛い目に合わせなければいけないのは当然だろう。

 そもそも韓国は小国の分際で日本にたてつく行動を行ってきた。日本は我慢を重ねてきたが限界である。なんとしても韓国に天罰を食らわせなければならない。そうでないと日本人はストレスで体調を崩してしまうだろう。ストレス発散のためにも韓国を叩く必要があるのだ。そうなれば断交が一番である。

 断交によって日本は韓国人を堂々と迫害することができる。また、韓国に対する嫌がらせも合法化される。まさにいいことづくめではないか。そしてそれだけでも駄目だ。徹底的に韓国に攻撃を行って日本にたてついたことを公開させなければいけない。そうなれば戦争しかないだろう。

 まずは竹島に対してミサイルをぶち込む。この時点で韓国がなんか言ってくるだろうが、日本は毅然と「竹島は日本固有の領土なので韓国には一切手を出していない。国内の演習だ」といえばいい。それでも文句を言って食い下がってくるならばその時こそ懲罰的措置として韓国を堂々と攻撃すればいい。そして北朝鮮と手を組んで南北と挟撃するのだ。これで韓国は滅亡できる。韓国を滅ぼすためならば北朝鮮と手を組むこともためらってはならないのだ。

 韓国は国としてあまりにも未熟すぎる。韓国と比べたら東ティモールや南スーダンのなんと成熟していることか。だからこそ日本が韓国に正義の鉄槌を下すのが国際的義務なのである。事務総長が変わった今、韓国を滅ぼしても誰も文句は言わないだろう。
タグ:韓国
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

安倍首相は伊勢神宮よりも靖国参拝をするべきだ





 安倍首相が伊勢神宮に参拝した。しかし国民が望んでいるのは靖国神社への参拝である。安倍首相は靖国神社に参拝をするべきである。

 そもそも伊勢神宮は歴史があるかもしれないが、どんな神が祀られているのかは明確ではない。それに比べて靖国神社は大東亜戦争や日露戦争で戦死した英霊が祀られていることは常識だ。それだけでも伊勢神宮よりも靖国神社の方が親しまれている証拠だ。

 そもそも伊勢神宮は世界遺産に認定されていない。靖国神社もそうだが、伊勢神宮ほどの歴史があっても世界遺産に認定されていないということは大した神社でないことの証拠と言えるだろう。靖国神社は正直150年ほどの歴史しかないが、その立派な思想から世界遺産入りは間違いないと言われているのとは対照的である。

 安倍首相は靖国神社参拝をすることだ。そうすれば世界中から安倍首相の偉大さを賛美されることになるだろう。だから伊勢神宮のような意味不明な神社よりも靖国を選ぶべきである。
タグ:靖国神社
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

青山学院大の箱根制覇を喜べないワケ





 第93回箱根駅伝は青山学院大学が優勝して3連覇と3冠を達成した。まさに黄金時代を作り出したと言っていい。主力は卒業するが、来年も間違いなく3冠を達成するだろう。レースをしなくともそれだけの確信を持たせるくらいのチームである。しかし私はモヤモヤしている。青山学院の優勝を心から喜べないのである。

 その理由は簡単だ。卒業生に問題があるからだ。そう、民進党の蓮舫である。あの女はなぜか青学の出身なのである。だから蓮舫を喜ばす青学の優勝は喜べないのである。もちろん選手たちに罪はないのだが…




 それにしても蓮舫というのは他人を不快にさせる天才だと思う。上のツイートを見ても分かるが、中指を立てながら満面の笑みを浮かべるのはなかなかできることではない。まさに人間のクズならではの所業だ。

 2017年は民進党をいかに壊滅させるかが重要だ。そのためにも数多くの工作活動は欠かせない。例えば凶悪犯はみな民進党の支持者に仕立て上げるとかだ。事実昨年の相模原の殺傷事件の犯人は民進党の支持者脱兎というのは有名な話。こういうケースをたくさん作って、国民に民進党を支持すると犯罪者になると国民を啓もうするのが愛国者の義務である。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

大阪が在日に支配されてしまった





 日本第2の都市・大阪。しかしこの大阪は魔境と化してしまった。日本の愛国者として知られる川東大了氏が計画していた愛国的活動が裁判所によって禁止されたからだ。川東氏が行おうとしていたのは防犯パトロールであり、犯罪を未然に防ぐものであった。しかし裁判所は川東氏が犯罪を犯すという無謀な決めつけを行ったのである。

 しかも川東氏が弾圧を受けたのはこれが初めてではない。朝鮮学校に対する抗議活動をしただけで暴力行為と決めつけられ不当逮捕されたこともあるのだ。もちろん不当逮捕であり、何も悪いことはしていない。つまり川東氏はその正しい行為によって反日左翼の敵意を一身に受けて卑劣な行為をし続けられているのである。まさに敵の行為は許しがたい。

 このようなことが起きる大阪はまさに魔境と化したと言っていいだろう。かつてはヘイトスピーチが堂々とできる素晴らしい町として知られていた。しかし反日・橋下が大阪市長をやってからはこの体たらくだ。維新には足立康史議員という良心的な議員もいるのにトップがこの体たらくでは意味がない。



 鶴橋大虐殺発言は愛国者のこころに深く響いた。この発言をした女神・桂田雅さんが喜ぶような大阪にしなければ意味がない。正義が取り戻されるまでは大阪に韓国に行くべきではないだろう。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

英霊のもとに初詣に参じましょう





 あけましておめでとうございます。2017年の幕開けです。昨年の日本は安倍政権の外交力が光った年でした。今後の長期政権のために、そして日本のために憲法改正を今年の目標にしていきましょう。私はこれから靖国神社に参拝をします。皆様方も神社仏閣に参拝をして日本人の伝統を大切にしていただきたいと思います。

 特に重要な神社といえば靖国神社です。ですから国民の義務として靖国参拝が求められます。もちろん遠距離の方は参拝ができないと思うのでそういう方は護国神社に参拝をお願いします。英霊に感謝することが日本人の義務なのですから。

 昨年もIR法案が見事に可決され、経済的な問題もまた1つクリアしたわけです。今年こそ安倍政権は日本に戦争をできる普通の国を導いてくださるわけです。ですから英霊の方々にも戦争ができるようお願いをしようと思っています。英霊の方々も戦争を起こしてほしいと思っているはず。また、就職・進学の祈願や、中韓に対する嫌がらせのためにも靖国神社や護国神社の参拝は重要になってきます。

 2017年は昨年以上に素晴らしい年にする必要があります。そのためにも英霊の方に正月のあいさつをすることが重要です。日本がよくなるかどうかは生きている人間だけではなく、英霊のお力も絶対に必要なのですから。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする