検索
 

2017年07月05日

外国侵略を許さない北海道ツアーのお知らせ





 日本の領土を侵略しようとしている国は複数あるが、武力を用いない形ではすでに侵略されている。それが北海道だ。北海道では中国人が次々と土地を買収しているという。そこで北海道で何が起こっているのかを知るためのツアーが企画された。

DC4qihaUQAAUtpd.jpg-large

 先着20名ということなので急いで申し込まないと締め切りになってしまうのでご注意ください。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

東京都民は地獄への道を選んだ





 東京都議選が行われて、小池百合子東京都知事が率いる都民ファーストの会が圧勝する羽目になってしまった。そして自民党は歴史的大敗、これも安倍首相に対する選挙妨害が起きたのが理由だ。その意味で反日パヨクの売国行為には一生許さない。だがそんなパヨクを甘やかした東京都民も同罪だ。

 東京都民は詐欺師・小池に騙されている。小池知事は自民党の議員だった経験もあるし、幸福実現党とも選挙協力をしたこともあることからもわかるように生まれながらの売国奴ではない。しかし恩ある自民党を裏切って自民党を大敗させた極悪人である。そして都民ファーストの会には自民党を裏切った極悪人を多く抱え込む極悪政党である。そんな党に入れた都民は悪の道に走っていると言われても仕方がないだろう。

 そんな東京都民には天罰が下るだろう。まずは豊洲市場の件だ。小池のことだから風見鶏のように右往左往して大金を無駄遣いしているが、ますますその無駄に拍車がかかるだろう。そして東京オリンピックでも何らかのことをやらかして税金をどぶに捨てるに違いない。しかし都民は自業自得だ。そんなわからずやの都民にはいい薬だ。

 とにかく自民津尾を大敗させた民度の低い東京都には必ず悪いことが起きるだろう。そしてこれは予言ではない。確定した出来事なのだ。東京都民は震えて眠るがいい。埼玉県民の私には何の関係ない話だし、是非ともこの4年間を白い目で見て楽しんでやろう。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

都議選には正しい政党に投票しよう





 今日から7月、2017年も半分が終わったことになる。さて7月最初のイベントといえば都議選だろう。私は埼玉県民なので投票権はないが、注目している。東京都がまともな方向になるかの試金石だからだ。私は会えて特定の政党に投票してくれとは言わない。ただ、政治的に間違った政党には入れるのは辞めよう。

 古くから失政には大災害が来るという教えが連綿と伝わってきた。科学技術が進歩してもそれは変わらない。東日本大震災と熊本地震がいい例だろう。なぜ東日本大震災ではあそこまで被害が大きくなったのかを考えれば多くの人は納得するのではないか?

 東京都民は間違った選択をしたら都が滅びるという意気込みで投票をしてほしい。そうすればおのずとどの政党に投票すべきかがよくわかるだろう。災害が起きたくなければ政治的に正しい政党を選ぶべきだ。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

自民党と自衛隊は一心同体なのだから稲田防衛大臣を辞めさせないのは当然





 東京都議選において稲田朋美防衛大臣が「防衛省・自衛隊、防衛相、自民党としても、お願いしたいと思っているところだ」と発言をしたが、誤解される恐れがあるとして撤回した。これを受けて野党は判を押したように辞任を求めている。しかし稲田大臣は間違ったことは言ってないので辞めさせる必要がないのは当然だろう。

 そもそも自衛隊と自民党は一心同体として戦ってきたのは周知の事実。自民党は会見を目指しているが、それは自衛隊のためを思ってのことだからだ。自衛隊が日陰者扱いされる状況をこのまま見過ごすわけにはいかないという思いから自民党は自衛隊のために尽くしてきたのである。したがって自衛隊も自民党のために尽くすのが日本の美しい伝統なのだ。

 そもそも稲田大臣が撤回せざるを得なかったのは稲田大臣に問題があったからではない。「誤解があった」という発言からも明らかなとおり発言を聞いた側に問題があったのだ。つまり日本国民のバカ率が高くなったのが理由だ。これもゆとり教育と民主党政権で国民の頭がおかしくなったからだろう。

 とにかくバカになった都民を何とか正しい方向に導かないといけない。そのためには自衛隊を活用するのが当然だろう。自民党に逆らう輩は自衛隊の力で痛い目に合わせて二度と自民党と自衛隊に逆らえないという意識を国民に植えつけさせることが必要だ。従って稲田大臣を辞めさせることは国益を損なうことになるので絶対にやめさせてはいけないのだ。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

獣医学部をたくさん作って何が悪い?





 安倍首相が大学の獣医学部を全国展開を認めていく方針を明らかにした。だが相も変わらず抵抗勢力は安倍首相の発言にいちゃもんをつけている。しかしこの全国展開発言は何もおかしくはない。むしろそうすることが日本を良くすると考えてのことだ。

 反対派は「特区とは何のためだったのか」というが、そもそもまずは1校で先行させてそこから全国展開していくことは周知の事実。加計学園で特区の正しさがわかったので全国に門戸を広げる。これのどこがおかしいのか?まさに特区の意義に沿った行動であるのだ。

 それ以上に安倍首相を叩きたい輩が何よりも怪しい。例えばゆとり教育を推進した元文部官僚の寺脇研。「とんでもない話」とブログで批判をしたが、この寺脇は性欲の塊である前川喜平とおなじで既得権益で甘い汁を吸っていた男だと、蓮舫の二重国籍を猛批判していた八幡和郎氏が明かしている。そうこの件を批判する人間は既得権益を肯定する差別主義者なのだ。

 確かに加計学園の理事長は安倍首相とは親友である。しかしそれはたまたま偶然の話。そもそも今回の全国展開発言で加計学園だけが優遇されることは亡くなったのだから安倍首相はシロになったとみなすのが当然だろう。それでも安倍首相を叩くのは叩きたいから叩くという人間として最低の行動だと理解すべきであろう。そういう人間には共謀罪を適用して徹底的に弾圧をすべきである。
ラベル:加計学園
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

愛国心を持たなければ29連勝も意味はない





 史上最年少のプロ棋士である藤井聡太四段がデビューから29連勝という前人未到の新記録を打ち立てた。もはや誰も記録更新をすることができないのかという快挙であるが、その快挙に泥を塗らないようにするのも義務だろう。そう、愛国心を持つことだ。

 将棋は日本発祥の文化。そのことを強く意識しなければならない。これは必ず「将棋の起源は我が国にある」という反日民族の存在がある。藤井四段は日本の文化を守るためにもそのような反日国家を強く嫌悪する義務があるのだ。愛国心とは日本を好きになるだけではだめで、敵国を憎むことが絶対条件なのである。
 
 藤井W段は中学生。なので事あるごとに日教組の教育でダメになりかけたと宣伝してくれれば最高だろう。こんなすごい棋士は愛国者であってこそ人気が増すのである。もしも売国奴であったら愛国者による大バッシングが展開されるだろうから今のうちに正しい思想を持つべきである。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

憲法を盾にしての横暴は憲法違反である





 通常国会も終わったが、ここにきて野党が臨時国会を要求している。憲法53条に基づくものであるが、この件は憲法の乱用に当たるものであり安倍政権は一切耳を貸す必要はないと考えるのが通説だ。そもそも今国会の論戦が低調になったのはすべて野党の責任である。

 野党は加計学園の問題をことさら取り上げ本来国会の役割である日本を良くするための観点が完全に欠けていた。加計学園の件は何も安倍首相は悪くないことが証明されているのだ。なので安倍首相をさも犯罪者扱いをして国会をリンチの場に使った野党がすべて悪いというのが論理的に導かれなければいけないのだ。

 そして野党の臨時国会開催要求は実は憲法違反である。憲法12条には「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない。又、国民はこれを濫用してはならないのであって、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。」とある。つまり野党は自らの私利私欲のために国会の時間を浪費し、それを責任転嫁してもっと時間を作れと言っているのだ。つまり今回の要求は権利の濫用にほかならず憲法12条に違反するとわかるのである。

 憲法は野党のためにあるのではない、国と国民のためにあるのだ。不満があるのならばちゃんとした手続きで改憲すればいいのであって憲法を無視するのはおよそ国会議員のすることではない。憲法を大切にしない国会議員は消えてしまうべきだろう。
ラベル:憲法 加計学園
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

市川海老蔵は小林麻耶と結婚をするべきだ





 歌舞伎俳優の市川海老蔵の妻で乳がんの闘病中だった小林麻央が亡くなった。まだ34歳というあまりにも若い死である。私とは一回り以上若い人がこういう形で亡くなるのを見ると本当に本当に胸が痛くなる。海老蔵自身はともかく残された2人の子供が不憫すぎる。将来の人格形成の面でも非常に問題が起きてきてもおかしくない。母親の死というのはそれだけ重大なことなのだ。

 そこで海老蔵には麻央さんの姉である小林麻耶と結婚をすべきであると考える。麻耶は妹のために精一杯尽くしてきた。その伯母のその姿にはきっと2人の子供もいい感情を持っているだろうと思われる。だからこそ今度は伯母から母になるといいのではないかと思うのだ。

 そして海老蔵との再婚は麻耶自身にもメリットがある。麻耶ももう37歳。非常にきれいだが、年齢には勝てない。そろそろ誰かと結婚をしておいた方がいいと思う。そうなれば子供とも接している海老蔵と結婚すれば誰もが納得できるのではないだろうか?

 もちろんすぐに決まるわけではないだろう。まずは麻央さんを失った悲しみをいやすことが先決。結婚はそれからでも遅くないとは思う。それでも海老蔵と麻耶の結婚は世間をにぎわせること間違いなしだろう。
ラベル:市川海老蔵
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

豊田議員への度を過ぎた攻撃は自重しよう





 自民党の豊田真由子議員が秘書にパワハラをしたとして離党をした。動画を見ればわかるが確かにこれは酷く、離党もやむを得ないというもの。

 

 しかしこれ以上豊田議員を責めるのは辞めよう。本人は非を認めて責任を取った。何よりも暴行を受けた秘書が大ミスをしたのも原因だ。怒る気持ちはわかる。そしてこれ以上の攻撃は人権侵害にあたる。すでに豊田議員は入院をしてしまった。これ以上何かがあったら死んでしまうかもしれない。

 議員だって人間だ。批判すべき時はすべきだが、理性をもってしなければならない。失礼ながら豊田議員のような経験の浅い議員よりも蓮舫や辻元清美、山尾志桜里のような疑惑まみれの人物を批判すべきであろう。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

アメリカは北朝鮮を空爆するべきだ





 北朝鮮に拘束されて、昏睡状態で開放されたアメリカ人大学生が死亡した。北朝鮮はボツリヌス菌によるものとしてきたが、この死は明らかに北朝鮮による拷問であり絶対許されるものではない。トランプ大統領も北朝鮮を非難したが、それだけで済ませるべきではないのは当然だ。アメリカは空爆を行うべきである。

 北朝鮮は核を持っているからと言って、すぐに発射をすることはできない。むしろこのまま手をこまねいていたら北朝鮮が核ミサイルを完成させることも考えられる。だからこそ今のうちに攻撃をするのは当然ではないか。それでトランプ政権は毅然とした対処を見せることができるし、何よりもこれで安倍首相が一番救われる。

 安倍首相の支持率が急落するという事態に見舞われた。これも安倍政権を倒したい反日組織が霞が関にも根っこを広げて静かなテロを起こしたからに他ならないが、このままでは日本は北朝鮮に倒されてしまう。だからアメリカには北朝鮮を空爆してもらいたい。そうすれば戦争となるから安倍政権への支持率は急上昇するのだ。安倍首相は自衛隊の最高指揮官として日本を勝利に導くからである。

 北朝鮮への空爆はアメリカのみならず日本をも救うことになる。安倍首相がいなくなれば日本の危機である。安倍首相の後は安倍首相が認める人間であるべきなのだ。しかし今は後継者がいないので日本を守るためにも安倍政権が続かなければならない。したがって北朝鮮への空爆はアメリカによる義務となったのである。
ラベル:北朝鮮
posted by 愛国 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする