検索
 

2017年03月11日

日本と韓国では似て非なるものである





 友人に国政を介入させたとして韓国の憲法裁判所が朴槿恵大統領を罷免する決定を言い渡した。これで朴は失職し、史上初の罷免された大統領というレッテルを張られ親子そろって大統領職を満了できないことになった。そもそも韓国では大統領がひどい目に合うというのが日常茶飯事であり、驚くことではない。まさに韓国の民度の低さの賜物と言ってもいいだろう。

 さてこの件でパヨクは奇妙なことを言っている。それは森友学園の小学校新設において学園の籠池理事長がやっていることが朴槿恵と一緒であるというのだ。それは全くのデタラメである。籠池理事長のケースは安倍昭恵首相夫人とはつながりはあったが、安倍首相とは面識がなく政治的な圧力をかけることができなかった。そもそも学校を建てるという公益な事項である。一方韓国のケースは完全に私利私欲であり、そもそも比べること自体がおこがましいことだ。

 森友学園が目指していた小学校建設はいったん認可申請を取り下げることとなった。籠池理事長は口利きの事実を否定し、マスゴミの攻撃がひどかったと話した。むしろ安倍政権はマスコミの暴力を何とかするために籠池理事長の意見を聞くべきだと思う。ここで面識を持てば小学校建設もスムーズにいくはずだ。

 籠池理事長は教育勅語のすばらしさを子供に教えたいと思っている素晴らしい教育者である。一方韓国はl教育勅語の逆こそ正義という国である。籠池理事長と朴槿恵は水と油のような存在。したがってパヨクはほれぼれするほど間違っているのだ。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

大阪は悪魔に支配された町となった





 日本第2の都市・大阪。しかしこの大阪は魔境と化してしまった。ミナミの繁華街で起きた通り魔殺人の犯人に対する高裁の判決で死刑が言い渡されなかったのである。



 この男は「生粋の日本人を殺してやる」と言って通り魔に及んだ。その意思だけで死刑に相当するにもかかわらず死刑にしなかった。これは大阪が在日に支配されていることのあかしだ。そしてそれをさらに確信させるのが森友学園に対する弾圧である。数多くの問題行為があったということで小学校を不認可にさせようとしているのだ。

 しかし、森友学園の籠池理事長は「教育勅語は悪くない」と学園の根幹である愛国的な教育を否定する連中と真っ向からしている愛国戦士である。だからこそその行動に感動し、寄付をする愛国者も存在するのだ。しかし地元の大阪が不認可にするのならば全く意味がないことになる。大阪市は明らかに変質してしまった。このようなことが起きる大阪はまさに魔境と化したと言っていいだろう。





 上の動画こそ大阪の理想の姿であろう。今の大阪はこれと正反対のことをしている。このままでは大阪は壊滅的なダメージを受けるであろう。少なくとも森友学園の小学校の認可しないと大変な災厄が起きるに決まっている。
タグ:森友学園
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

世界一奪還へ幸先の良いスタートを切る





 ついに第4回ワールドベースボールクラシック(WBC)が開幕した。初代WBC王者の日本はキュー跡の開幕戦に勝利し、幸先の良いスタートを切った。このまま勝ち進んで世界一の座を奪還してほしい。しかし日本の勝利異常にうれしいことがあった。それは韓国が連敗をして1次リーグでの敗退がほぼ決定したということだ。

 韓国といえばラフプレーと八百長が非常に有名。そしてそれ以上に許せないことが卑劣な手で日本に勝ったことである。思い出すだけでも忌々しいあのプレミア12で韓国は催眠術をかけて日本を負けさせたことが知られている。まさにスポーツマンシップから最も遠い連中である。

 しかし今回の連敗で見事に卑劣な行為には正義の鉄槌が下ることが証明された。まさに天罰と言っていいだろう。日本にはそんな韓国とは世界一離れているクリーンなスポーツマンシップを世界中に見せつけてほしい。それこそが日本に優勝とともに求められるものだ。
タグ:WBC
posted by 愛国 at 22:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マスコミは北朝鮮の意向を汲んで報道しろ





 北朝鮮がまたもミサイルを発射した。金正男暗殺後初の発射ということで、自分たちがいかに偉大であるかを見せつけたいがためにこういうことをしているのだろう。全く卑劣極まりない国である。トランプ政権には是非とも北朝鮮の空爆をしてもらいたいものだ。

 だが日本のマスコミは北朝鮮の「祝砲」を全く顧みることはなく、ひたすら森友学園の件をやっているのだ。もちろん北朝鮮のミサイルは報道したが森友に比べれば圧倒的に少なかった。これは日本を間違った方に導くやり方である。北朝鮮はもっと世界中で話題にしてもらいたいからミサイルをぶっ放したのだ。だから日本のマスコミは北朝鮮の意向を汲んで積極的にマスコミは報道するべきだったのだ。

 北朝鮮の意向を汲むとは何事だと怒る人もいるかもしれない。しかし森友学園の件が話題になるのは国益に明らかに反することである。真実を伝えるまとめサイトがもろとも学園についてはほとんど取り上げないのも国益のことを思ってのことだ。北朝鮮のネタをたくさん伝えて森友学園の話題は取り上げないというのが日本に必要なことなのだ。

 森友学園の件を気にするのは売国奴だけである。日本の都合の悪い内容は報道する自由を持たせてはいけない。真に日本のためになる報道だけをするべきだ。このままでは日本はだめになる。日本を守るためにも検閲の重要性が叫ばれるのだ。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

トランプ政権はアメリカの人権報告書にこそ圧力をかけてほしい





アメリカ国務省が発表した2016年版の人権報告書が波紋を広げている。日本に対して「政府が報道機関に対して圧力を強化している」と懸念したからだ。これは大問題である。なぜならば政府のやっていることは正しいのにいかにも政府に問題があるとしているからである。

 そもそも国務省はなぜそういう圧力をかけなければいけないのかを分かっていない。日本の報道機関はデマと捏造ばかり行っている。まともなのは産経新聞だけすら言われている状況だ。そんな状況下においては国民をマスゴミから守るためにも政府が圧力をかけるのは当然ではないか。

 アメリカはこのような人権報告書は破棄をすべきである。そもそも現在のトランプ政権も嘘ニュースによる強烈な被害を受けている。つまり日本のマスゴミのやっていることを肌で体感しているのだ。そういう状況ならば国務省のやっていることが国辱的であるとわかってくれるはずだ。

 今の日本はマスコミが好き勝手にやっていることによって国民の生活が苦しくなっている。そしてそれは日本だけの問題でもない。アメリカもそうなのだ。だからこそトランプ政権に寄り添って歪んだ報告書を出す組織に強烈な圧力をかける必要があるのである。
タグ:アメリカ
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

高校生は愛国心をもって立派な大人になろう





 卒業式の季節である。そんな私はなんととある高校の卒業式の主賓の一人として招かれたのである。もちろん初めてのことだ。とはいえ若造の私が何か卒業式であいさつを述べるようなことはなかったが、それでも貴重な体験ができたことに喜びを感じている。本当に貴重な体験だった。だからこそ18歳の諸君に伝えたいことがある。

 18歳といえば昨年参政権が認められたことからも分かるように大人である。したがってそれなりの自立心は必要であろう。だからこそ見習うべき人物から学ばなければならない。では誰がいいのか?それはこのブログでよく紹介している人物だ。例えば安倍首相や麻生副総理、田母神俊雄氏、中山成彬氏、西村真悟氏、櫻井よしこ氏、片山さつき氏、高市早苗氏、稲田朋美氏、足立康史氏などだ。やはり大人なのだから立派な人間を見本にするのが当然であろう。

 そして選挙権を持つのだから政治に関心を持ってもらいたい。政治に関心を持たないと、民主党政権を産んでしまうことになる。正しい人物から学び、正しい人物に投票をすることが求められる。昨年の時点で選挙権を持っていたならば自民党などのちゃんとした政党に投票をしていないとおかしいということだ。もしもそれ以外に投票していたら日本を破壊する陰謀に加担していることになる。おりしも森友学園の件が発覚したばかり。この事件は真実を見る目を養うことができるであろう。

 日本の将来は日本の若者が作っていく、そのために私も協力したい。私ももう40代だから2,30年後には使い物にならないであろう。とはいえ、少しでも日本のためにこのブログは続けていきたい。このブログは各所で大好評なのだから。自分で言うのもなんだが、人気ブロガーだからこそできることはあるのだ。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

マスコミは森友学園以外の報道もしっかりせよ





 最近のマスコミはどうも増長している。それは森友学園の件を大々的に行っていることからも明らかである。確かに不明な点はあるのかもしれないが、基本的には安倍首相には何の問題もない話。それをいかにも安倍首相が黒幕であるかのようなとんでもない人権侵害の報道がたくさんされている。いかに安倍首相が公人で多少の批判はやむを得ないとしても限度というものがある。

 そもそも事件は森友学園だけではない、世界中を見渡せば金正男の殺害事件など大事件がたくさん起きている。経済問題だってたくさん起きている。森友学園に安倍首相が相殺されたら日本の経済はがたがたになりかねない。それを野党はわかっているのか?いや、それ以前に日本では在日の犯罪がたくさん起きている。森友学園しかマスコミが報じないから連中はやりたい放題である。

 今こそマスコミは自制心をもって多種類の報道を行うべきだ。1つの事件にばかり注目して報道するのは短期的にはともかく長期的には日本の国益を害することとなってしまう。森友学園の報道はいったん止めにしてもっと他にするべき報道をしようではないか。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

J−NSCのメンバーも赤坂飯店に招待すべき





 野党やパヨクどもが喜んでいる森友学園の件で奴らがまた騒いている。なんでも安倍首相が新聞記者を呼んで森友学園の件を報道しないように圧力をかけたというのだ。しかしそれがデタラメであることは常識だ。なぜならばちゃんと新聞記事になっている。圧力をかけてたというのならば記事がそもそも書かれることはないはずだ。

 それよりも安倍首相はマスコミよりももっと重要な人たちを赤坂飯店に招待すべきである。そう、J−NSC(自民党ネットサポーターズクラブ)である。J−NSCは自民党公認の工作組織として安倍首相の無罪をネットで大々的に広めることができる。それこそ黒を白にできるくらいの行動力があるのだ。それこそマスコミよりはるかに信頼できる組織である。

 それにJ−NSCのメンバーとしても憧れの安倍総理と会食できるのはこの上ない名誉である。直接安倍総理から激励されれば喜び勇んで工作活動に励むだろう。マスコミに圧力をかけるよりもはるかに効果的である。そう考えれば安倍総理がマスコミに圧力をかけることはないとわかるだろう。あまり意味がないのだ。

 そして私も赤坂飯店で食事をしたい。タダで食べるご飯ほどおいしいものはない。だから自民党はJ−NSCのメンバーを赤坂飯店に招待すべきである。そうすれば起死回生の一発を国民に放つことができるのだ。非常に元でもかからないし、手間も少ないから絶対にやるべきであろう。
タグ:J−NSC
posted by 愛国 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

日本第一党の活躍に期待します





 元在特会会長の桜井誠氏が結成した政党・日本第一党の結党大会が愛国ホテル・アパホテルで開かれた。やはり愛国政党には愛国ホテルがふさわしい。桜井党首は韓国断交・ヘイトスピーチ解消法廃止・外国人への生活保護廃止を打ち出し、日本のための政策を推し進めていく姿勢を明らかにした。日本には反日政党がたくさんある。そのような連中の息の根を止めなくてはいけない。日本第一党にはその資格がある。

 桜井党首は差別や排外主義の重要性を訴えたが、それと同じくらいに訴えていたのが、日本第一党の悪口を書く神奈川新聞の記者・石橋学がいかに極悪人であるかということだった。私も神奈川新聞の記事を見たが、あまりの偏向ぶりに頭が痛くなってしまったほどだ。

 日本には日本のための政党以外は必要ない。まだまだ規模は小さいが日本第一党にはその資格がある。桜井党首は「東京ドームを満員にしたい」と語った。かつて幸福の科学は立宗5年で東京ドームを満員にしたことがある。幸福の科学とならぶ愛国団体だから必ずその野望は達成されるであろう。

 とりあえずまずはどこでもいいから議席を獲得することであろう。さすがに国政選挙で大量の議席を獲得するのは難しい。まずは自民党や幸福実現党や日本のこころを大切にする党などと連携をして現実的な対応をするべきであろう。しかしその理念は100%正しいので確実に将来は有力な政党になるものと確信している。
タグ:桜井誠
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

籠池理事長は愛国者と思うなら愛国心の発露をするべきだ





 今年4月に開港予定の安倍晋三記念小学校こと瑞穂の國記念小學院。経営するのは愛国幼稚園として名高い塚本幼稚園を運営している森友学園だ。森友学園は大阪の豊中市に国有地を取得して開校するのだが、不当な利益供与があったとして大問題になっている。愛国的な教育を行うための公益目的であり何も問題はないのだが、籠池理事長はちょっとやりすぎてしまった。

 安倍首相が籠池理事長を「しつこい人」「簡単には引き下がらない」と批判的に評したのだ。もちろん安倍首相が塚本幼稚園の教育方針を賛美していたことは事実。しかしその安倍首相にそこまで言わせるということは、たとえ教育方針が良くても許されるものはないのだ。

 マスコミのみならず国民も学園はもちろん、安倍首相にまで疑いの目を向けてしまっている。全く無実の安倍首相に疑惑を起こさせる要因はパヨクが最大の理由であることは疑いようはないが、間違いなく籠池理事長もその一端を担っていると言っていいだろう。

 安倍首相に迷惑をかけるというのは愛国者として最もやってはいけないこと。このままでは瑞穂の國記念小學院が開校できない羽目になってしまう。そうならないためにも籠池理事長には重大な決心が求められる。そう、愛国心の発露である自殺をするしかないだろう。そうすれば同情が集まって学校が認可されるかもしれない。

 今回の件で一番被害を受けているのは小学校に入学する小学生ではない、愛国者である。多くの愛国者を傷つけた人間を我々愛国者は愛国者とは呼ばない。どうしても愛国者として認定されたければ首を吊るのが一番簡単な方法であることは言うまでもないだろう。自殺は愛国心の発露だからだ。その自殺が日本を良くしていくし、何よりも安倍首相に粗相を働いた罪滅ぼしになるのだから。
タグ:森友学園
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする